2018年宝塚ファミリーマラソン(3km)出走!毎年息子と一緒に走る理由

年の瀬に、息子と一緒にやることがあります。

それが、3kmマラソンに一緒に出ること。そこでタイムをキッチリ測って、前の年からどれだけ速くなったかを知るためです。

毎年地元で開催される、宝塚ファミリーマラソンに親子参加してきました。

2018年宝塚ファミリーマラソン(3km)出走!毎年息子と一緒に走る理由

走ることに自信を持ち続けてほしい

息子は、生まれた時から走るのが好きな子どもでした。

歩く場面でも、基本走る(笑)。

好きなんだったら、そのまま好きのままで、得意になってもらおうと思いつきました。で、幼稚園の年長さんから地元の大会に出るようになったんです。

子どもの頃に、得意と感じた分野って、成長してもずっと良いイメージを持ち続けますよね?

ぼくは子どもの頃、マラソンは大の苦手だったんです。走るのが嫌で嫌で…。30代になってマラソンに参加しだしてから、ようやく長距離走が好きになったくらい。

そんなことで、3歳くらいから一緒に近所を走ったりしていたら、マラソンがどんどん好きになってきました。

一年ごとの成長が数字で分かる

昨年の記録からどれだけ伸びたか分かるのが、とても楽しいようです。

息子が一年ぶりの3kmタイムトライアルで記録を更新した一日【2017.12.24】

2017.12.24

特に、一年の同じ時期に、同じ大会で走るのが良いですね。条件を同じにすることで、去年の自分と比較しやすくなりますから。

今までの記録
2017年(小学1年)・・・15分52秒

2016年(幼稚園年長)・・・ 18分7秒

こうやって数字を記録しておくことが、子どもの励みになりますよね!

今年も自己記録を更新!

ここからはレースのことを。

当日は快晴。すごく暖かくて走りやすい天気でした。

ラッキーなことに、一番先頭に並ぶことができて、ゲストの間寛平さんが目の前に来てくれて感動!

息子にもストップウォッチを持たせて、さあスタート!

足の速い子に抜かれると、抜き返そうとするのでペースが乱れがちな息子。イーブンペースを保つように、1kmごとのタイムを伝えながらついて行きます。

なかなかのハイペース。しばらく走ってないぼくのほうが息が切れてきました…!父親の威厳がなくなると嫌なので必死で、足を前に運びます。

息子は、途中でほかのランナーと足がもつれて、こけちゃいましたが、すぐに起き上がってコースに戻ります!なかなかの根性だ…!

そしてゴール!

記録は、15分11秒!!

昨年から40秒くらい縮めました。こけてなければ、もしかして14分台で帰ってこれたかも…?

手が擦りむいて血が出てたので、救護室で手当てしてもらいました。この後はワイフにめっちゃ甘えてた…(笑)

まとめ

基本的に、我が家は子どもに自由に考えさせるほうです。

でも、子どもにとって得意なことかも?と思ったら、さりげなくそっちをトライするように仕向けます。

得意なことは、好きなことになるし、自信にもなるから。

来年は置いてかれるかもしれないけど、自分もしっかりトレーニングしようっと!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

広告

関連記事(一部広告含む)