ビブラムファイブフィンガーズで初の10km走破! ラク〜に走れた感覚が残ったぞ!

昨日は久しぶりに平日お休みをもらったので、長距離ランをやりました。

広告

毎日のショートラン(約2km)ではビブラムファイブフィンガーズを履いてるけど、10kmはやったことなかったんです。

そろそろ身体も慣れたかな?と、10kmラン決行しました!

ビブラムファイブフィンガーズで初の10km走破! ラク〜に走れた感覚が残ったぞ!

母指球着地で、足への衝撃が激減

ビブラムを履いて、着地地点が変わっています。

今回走ってみて、足への衝撃がだいぶん少なく感じられるようになりました。

普通のシューズでかかと着地の場合、何も考えずにバンバン足を着地させていたので、足への衝撃が大きく、走れば走るほど足が棒のように疲弊してました。

ビブラムでは、そおっと足を下ろす感じで、母指球着地。自然とそうなります。

ペタッ、ペタッと足がつくので、衝撃が全然違います。上手く体重移動ができて、衝撃を分散させているような感覚。

長距離を走れば走るほど、疲労感が変わってくるような期待感がありますね!

ふくらはぎに張りが出たのは、正しいフォームになってきた証かも!

10kmランから1日経った今日、ふくらはぎに軽い筋肉痛が出ていました。

母指球着地になると、体重を支えるのはアキレス腱とふくらはぎになります。

つま先立ちで立ってみると、ふくらはぎが効いてきますよね。それと同じ原理。

ふくらはぎが張ったということは、ビブラムで正しい走り方になってきた、ということでしょう。

まとめ – 疲労が少ない走り方に近づいている?

かかと着地だと、衝撃を足全体で受け止めるので太ももが張ってきて、足が動かなくなってきます。

母指球着地なら、衝撃を上手く逃すことができるような気がしています。

少しずつ、走る距離を伸ばして研究してみよう!!

広告