ストレングスファインダーの個人セッションを体験。自分の強みについて、目からウロコの気づきが得られた時間でした!

先日、ストレングスファインダーの個人セッションを受けた。

セッション相手は琴市しづかさん。ブロガー仲間であり、今年になってストレングスファインダーの研修を受け、ストレングスコーチとして活躍されようとしています。そんな彼女が個人セッションを開始したと言うことで、彼女が大阪に来るタイミングで、セッションをお願いしました。

ぼくはストレングスファインダーにもともと興味がありました(最上志向を持っているからかも?)。

TOP5の資質だけじゃなく、34資質全てを出しているし、ワークショップやセミナーなど何度か参加したことがある。自分の資質についてはよく理解しているつもりだったのですが…。

ストレングスファインダーワークショップ in 大阪- 森川里美コーチによるあっという間の3時間!

2016.08.11

ストレングスファインダー講座参加レポート - 自分の資質に正しく向き合って強みを磨こう!

2016.02.08

だが、今回の個人セッションで得られたものは、今までと異なる視点でした。

早速シェアしましょう!

ストレングスファインダーの個人セッションを体験。自分の強みについて、目からウロコの気づきが得られた時間でした!

TOP5の資質に、似かよったものがない

しづかさんとのセッションは約1時間。事前にぼくのTOP5の資質を伝えています。

彼女から一つ一つの資質に関して、日頃どう感じているか質問され、それに答えていく形式です。

ぼくのTOP5資質は以下の通り。

ぼくのTOP5資質

  • 最上志向
  • 原点思考
  • 運命思考
  • 学習欲
  • 調和性

まず、この5つの資質を見ると、似かよった性質のものがないとのこと。

ストレングスファインダーでは、似た性質のものが同じような序列で現れることがよくあるらしい。でも、ぼくの場合はそれぞれ独立した資質が現れていて、まあまあ珍しい資質の並びだそうだ。

そう言われると、なんか嬉しかった。人と違っていたいという願望があるので、『やったね!』って感じ。

持っている資質の相乗効果を理解する

興味深かったのは、TOP5の順番が、資質の強さを表しているのではないということ。

TOP5の順番通りに資質が発揮されていると言うより、ある資質がベースになり、他の資質がそれをうまくサポートしているイメージが近いようです。

ぼくの場合は、運命思考がベースにあって、最上志向と学習欲がそれをサポートしてるようなイメージ。

仕事の場合だと、組んだチームメンバーとのご縁を大切にして、最上志向で良いものを目指す。学習欲で情報収集を欠かさない。原点思考で方向性がブレることがないよう気を配り、調和性でチームのみんなの意見をすり合わせる。と言うような使い方をしているらしい。

確かに、いつもこんな感じでリーダーシップ取ってるな…。

今までは、最上志向だけに目が行きがちだった。最上志向が資質のトップだったので、これが行動の源泉だと思って、それを意識して仕事や生活で使ってきた。

でも、トップの資質だけが僕の行動を決めているわけではなかったようだ。

強みの資質をバランス良く使うことで、相乗効果が生まれることが理解できた。

運命思考について分かったこと

そして、今回妙に納得したのが運命思考について。

運命思考は、日々起こる事に何かしら運命を感じる資質。人との出会いや、自分に起こったことには何か意味があると考えるんです。でも、なかなかイメージが掴みにくい資質でもあります。

運命思考って、なかなか具体的なスキルとは結びつきにくいんですよね。学習欲だったら新しい学びが大好きだし、最上志向だったらとことん最高のものを目指したい、など具体的なイメージができる。

でも、運命思考はそこまで具体的なスキルと結びついているわけでは無い気がしてたんですよね。

コーチのしづかさんからは、最上志向はそこまで表に出ていないらしく、最もしっくり来るのは運命思考だ、とフィードバックをいただきました。

そう言われて自分を振り返ってみると、確かに、ぼくの物事の捉え方には、そういう傾向がありました。

ぼくは、周りで起こっていることが全て何か意味があると思って生活してるんですよね。

まだぼくが20代の頃、船井幸雄さんの本に『起こった事は必要・必然・ベスト』と言う名言が紹介されていて、すごく腑に落ちたんです。それからずっとその思いで生活してきました。

人のご縁は大切にしてきたし、何かネガティブなことが起こっても、自分の成長に必要なことだと折り合いをつけることができます。

また、仕事でもプライベートでも、何か運命的な出会いや、すごい偶然が重なったときなどは、「これは運命的な出会いだ!」と感じます。そうして、使命感にかられて取り組むときには良い結果を生み出す傾向にあります。

逆に、自ら目標を決めたりするのは苦手です。あくまでも、自分の周りのご縁からインスピレーションを沸かせて行動するイメージ。

なので、やる気が起きないときや、面白くないと感じでいるときは、新たな『ご縁』を探しに行ってみるのが良いのかもしれないな、と気づきました。

これは、個人セッションでコーチと言葉を交わしていないと、絶対に気づかないことですね。

まとめ – 個人セッションはめっちゃオススメ!

個人セッションを受けてみて、これは皆んなにおススメしたいです!

ストレングスファインダーに詳しくても、自分だけで自らを客観視するのは難しいんですよね。

「この資質が使えてるかな?」と感じていても、それを具体的に見える化するためには、他人の目が必要です。

それが、ストレングスコーチだったら、ものの見事に整理整頓してくれるし、これからどうやって資質を使っていけば良いのか方向性が見えてきます。

特に、しづかさんは言語化力がすごく高いです。ブログでバズったりするだけあって、言葉を扱う力がものすごい。そんなしづかさんにコーチをしてもらうと、自分の頭の中ですごくクリアなイメージが湧きました。

いつまで個人セッションを続けるのか分からないけど、受けられるうちに体験しておくことを、強くオススメします!

ストレングスファインダーで自分の強みを知りたいなら、こちらの書籍をどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

広告

関連記事(一部広告含む)