手打うどんそば 桜井(東大阪市) – 暖簾の文字が司馬遼太郎の直筆!昔ながらの定食屋さんで文豪を想う

司馬遼太郎記念館を訪れる前に、立ち寄ったお店をご紹介。

ブログの師匠、ものくろさんに紹介してもらったうどん・そばの店なんですが、司馬遼太郎ゆかりのお店だそうで。

記念館に行く時には、セットで訪れることをオススメします!

広告

手打うどんそば 桜井(東大阪市)

なぜこの店に行きたくなったのか。それは司馬遼太郎先生がこのお店を懇意にしていて、お店の暖簾が司馬先生の直筆なんだとか。

おう、それだったらぜひ味わってみたい!

これくらいの寄り道だったら問題ないもんね。

▲お目当てのお店は、近鉄奈良線河内小阪駅から南へ徒歩10分ほどのところにあります。この日はうだるような暑さだったので、汗をかきかき歩いていきました。

司馬遼太郎先生直筆の暖簾が迎えてくれる

▲おお!これが暖簾だ…。

…。意外にあっさりしている…。そりゃそうだ、暖簾だもの。

なんか、名言・格言でも書いてあるのかと、ちょっと期待しちゃったけど、それはないよね。

▲暖簾の左下に、『遼』の署名と落款が…!

ちょっと感動するよねぇ、司馬遼太郎ファンだもの。

古き良き、年季の入った店内

▲お店に入りましょう。奥に長い造りになってて、テーブル席、座敷、カウンターがそれぞれ。年季の入った内装ですね。

訪問したのは14時頃だったので、とっても空いてました。それでも、常連さんとおぼしき人達が後からやってきて、アットホームな雰囲気を醸し出してました。

▲メニュー。うどん・そばが載ってます。

ご夫婦で経営されているようで、奥様がメニューを聞きに来てくれました。何がオススメですか?と聞くと、うどんが一番注文が多いらしい。

▲裏面には丼ものや一品料理など。

今回は、鴨丼弁当(そば付き)にしてみました。

箸袋にも司馬先生が!

▲出てきました。弁当と書いてあったけど、昔ながらの定食スタイルですね。

▲箸袋も司馬先生の直筆っぽい!

記念に、これを持ち帰る人も多いようです。

手打ちのそばが美味かった!

▲まずはお蕎麦をいただきます。麺にすごくコシがあって、のどごしが良い。汗をかきながら歩いてきたぼくにとって、塩味が効いたお蕎麦は美味かった!

▲鴨丼も、鴨肉をとじた卵の柔らかさが印象に残ってます。

まとめ

司馬遼太郎ゆかりのお店ということで、ゆっくりと味わいながら時間を過ごしました。

お昼時であればバタバタしてたかもしれないけど、空いてる時間でよかった。

お会計の時に優しく声をかけていただいた、奥様の人柄が妙に心地よかったです。

司馬遼太郎記念館に行くなら、立ち寄ってみてほしい。

店舗情報はこちら!

関連ランキング:うどん | JR俊徳道駅河内小阪駅長瀬駅

広告