アイスコールド コカコーラ – フタを開けたら凍る!地域限定コカコーラが楽しい!【2016年夏休み旅行記その4】

愛媛県松山市に上陸したぼくたち家族。一生懸命探しているものがありました。

それは、セブンイレブンにある、コカコーラの自販機です!

って、あれ?どこにでもあるんじゃないの、そんなもの??

広告

いえいえ、愛媛には期間限定・地域限定のコカコーラが売っているんです!

その名も、アイスコールド コカコーラ

アイスコールド コカコーラ – フタを開けたら凍る!地域限定コカコーラが楽しい!【2016年夏休み旅行記その4】

アイスコールド コカコーラは、東北地方と四国地方にだけ限定販売されているそうです。

なんだかワクワクしてきます!子どもと一緒に買いに走ります!

セブンイレブンのレジの真ん前に、どーんと鎮座しています。

-4℃の新体験って書いてある…!

写真で見る限り、確かにキンキンに冷たそうだぞ!

あおってますねぇ。

ここは乗っかっておかないと!カードをレジに持って並ぶみたいです。

手順がちゃんと説明してあります。

自販機から取り出したらすぐにオープン、がポイントなんですね。

これは心してかからねば…!

レジでお金を払って、専用カードを挿しこみます!

取り出し口にも、すぐに開けろとのメッセージが。

どんだけタイミング大事なんだ…!

では、まず栓を開けて一口飲む!

おおお、めっちゃ冷たい…!

さすが-4℃だけある。このままでも、真夏には最高の飲みものですね。

大事なのはここから!

フタを閉めて、ゆっくり15秒ほどシェイクします。

そうすると…。

おお? 泡がなんとなく違ってる…。

フタを開けてみよう。

おおっと、コーラがどんどん氷になっていく…!

そして、氷が飲み口までズズッとせり上がってきた!

子どもたちも意外な展開に大喜び。

シャリシャリのシャーベットが完成しました!

飲み口から中身を覗いてみても、ちゃんと凍っているのがわかります。

まとめ

なんでこんなことが起きるのか、それは以下のとおりです。

「アイスコールドクーラー」で-4℃まで冷やした、液体が凍り始める手前ぎりぎりの状態にある「コカ・コーラ」です。この状態の「コカ・コーラ」を開栓すると、炭酸飲料であることによる容器内の内圧開放が刺激となり一気に「コカ・コーラ」が液体からシャリシャリした“フローズン状”の状態に変化します。氷(アイス)のように冷えていることから、“アイスコールド現象”を起こした“アイスコールド コカ・コーラ”と呼んでいます。

理科の自由研究なんかで使えそうですね〜。

なぜ東北と四国の期間限定なのかはわからないんですが、楽しい体験でした!

前回の記事はこれです!

2016年夏休み旅行記目次はこちら

広告