ブログを書くときの心構え – たかがブログ、されどブログの心持ちで

ものくろワークショップに参加したあと、すっと頭に浮かんできたフレーズがある。

「たかがブログ、されどブログ」

ブログを書くにあたって、今の自分にとってぴったりくるフレーズだと感じました。

広告

紹介しておきましょう。

【関連記事】

時間をかけずブログをアップするには – ものくろキャンプ×MAKANA ワークショップ参加レポートその4 | NO BIG DEAL

ブログを書くときの心構え – たかがブログ、されどブログの心持ちで

「たかがブログ」の気持ちで書く

ぼくたちは、知らず知らずのうちにブログを投稿するハードルを上げています。

「この記事、面白いかな?」、「ちゃんと言いたいこと伝わるかな?」

こんなことを考えながら書いていると、集中できずいつまでたっても進まない。

そんなときは、「たかがブログだし」と思って書いてみてください。意外に早く筆が進むようになりますよ。

「たかがブログだし、とりあえず書いちゃえ」

そう、この段階では、主観的にとにかく出し切ってしまうのが肝心です。

熱く、一気に書いて行きましょう。

「されどブログ」の気持ちで読み返す

書き終わったら、投稿ボタンを押す前にマインドセットを変えましょう。

「されどブログ」です。

「ちゃんと伝わってるかな?」

「参考記事とか、リンク入れる?」

「画像は挿入しようかな…」

せっかく書いた記事なんだから、伝わる記事にしたいですよね。「されどブログ」モードの時は、熱く書いたものを冷静に、客観的に見直しましょう。

そして出てきた修正ポイントを直していけば、あとは投稿ボタンを押すだけ!

まとめ – 主観と客観を使い分ける

  • 書くとき ・・・ 主観的に書きたいことを書く
  • 読むとき ・・・ 客観的に、伝わる文章なのか見直す

まずは、書く時間と読み返す時間に分けてみると良いですね。

そして、書く時間はとにかく自分勝手に書く!盲目的に、とりあえず完成させましょう。

読み返すときに初めて、客観視すれば良いのです。

その使い分けができると、ブログを書くハードルは下がってくると感じています。

ぜひお試しを!

【参考図書】

広告