mineoに乗り換えて、スマホのデータ通信量を削減できた2つの工夫

auからmineoに切り替えて1ヶ月経ちましたが、ひと月のデータ通信量を減らすことができたんです。

格安SIMに乗り換えるときに、ひとつだけ不安がありました。それは月々のデータ通信量です。

auでは、月7Gのプランだったんですが、mineoには同じプランがありませんでした。もっとも近いプランで月6G。

au時代は、7Gを月内に使い果たして追加購入することもあったので、到底6Gだと間に合わないのでは?と感じていたんです。

でも、1ヶ月経ってみると、4.5Gくらいしか使ってなかったんです。

余った1.5Gは翌月に繰り越しできるから、今月は7.5Gスタート。はい、余裕です。

通信量のダイエットに成功した、mineo専用アプリ

なぜこんなに節約できたのか?それはmineo専用アプリのおかげでした。

mineoスイッチ
無料
(2017.12.07時点)
posted with ポチレバ

mineoユーザーのみ使えるアプリで、一目で残りのデータ量が分かります。これを毎日チェックしていたら、データを使うのがもったいなくなってきました。

それからは、家のWi-Fi環境ですること、外出先ですることを区別するように。

アプリのアップデートや、ブログの画像データのアップロードなど、急がなくても良いものはWi-Fiで行なっています。

ダイエットでも同じですが、何かをコントロールする時には、数字の見える化をすると成功率が高まりますね

mineoスイッチで強制的にデータ通信オフの時間帯をつくる

mineoスイッチの良いところは、強制的にデータ通信を遮断することができること

▲緑色のスイッチを押せば、データ通信を遮断でき、低速の無料通信に切り替わります。

無料通信の速度は、200kbps。ツイッター、ライン、メールなど、テキストデータなら特に不自由は感じませんよ。ちなみに、3大キャリアでも、データを使い果たすとめっちゃ速度が遅くなりますよね。これは128kbpsですが、mineoはそれよりも速い速度です。

ぼくの場合は、データ通信が遅くなる昼間の時間帯に、節約スイッチをオンにしています。どうせ速度が遅くなるなら、無料通信で良いと割り切ってます。

広告

まとめ

データ通信の見える化、節約スイッチの活用でデータ通信量のダイエットに成功しました。

今月からは、家族全員でmineoに移行したので、携帯代がかなり安くなる予定。

固定費を削減できて、めっちゃスッキリしました!

広告