ブログを書くと心が若返る – 自分の好奇心を育てていこう

先日、ブロガー仲間2人と集まった時に、少し飲みに行ったんですよ。

ブロガーが3人集まれば、当然出てくる話題はブログの話。どんなブログを書いているか、どんなふうにブログを捉えているのか、いろいろ話は広がりました。

その中で3人とも同意したのが、ブログを書いていると心が若返ると言うことです。

広告

ブログを書くと心が若返る – 自分の好奇心を育てていこう

好奇心の量が増えると、心が若くなる

ブログを書いてると、自分が今まで知らなかったことが大好物になるんですよ。

旅先で出会ったローカルの人達が訪れる居酒屋、珍しいカフェ。

または、友人に進めてもらった新しい本。辺境で走ったランニングの記録なんかもあるでしょう。

自分が知らなかったことに心が動いて、記事を書くわけです。

これを続けていけば、日常で湧き出てくる好奇心の量が増えていく。

好奇心の総量が増えてくると、小さなことにでも感動できるようになる。

未知のものに出会った時に、ただただ通り過ぎるのか。それとも、もっと知りたいと立ち止まって深めるのか。

そこでいちいち立ち止まれる人が、心が若くなっていくんでしょう。ずっと好奇心を持ち続けるのですから。

『伝えたい』という思いが心を若くする

そうやってインプットしたことを、惜しげもなくアウトプットする。

「なあなあ、こんなおもしろいことあったんやけど、聞いてくれる?」

と周りに発信するのと、おもしろいことがあっても心に留めておくのでは、周りの反応が違います。

他者の心を動かして、また自分の心も豊かになっていく。

これも心が若くなりますよね。

最後に

ブログの師匠が、『ブログを書くことはセルフセラピーである』と語っていましたが、ホントにその通り。

周りにあるおもしろいことを流さずに、ブログに蓄積できると心が豊かになってきますよね。

なので、『こんな小さなこと、ブログに書いてもしょうがないんじゃ…』という思いは必要なし。

心動くことを、コツコツ書いていこう。

すぐっち
そろそろ格安SIMに変えようと企んでます

広告