毎日ランニングするぼくが語る、Apple Watch Series 2のオススメポイント・イマイチポイント

Apple Watch Series 2 Nike+を購入して約5ヶ月が経ちました。

毎日のランニングに欠かせないガジェットになっています。

ランナーとしてApple Watchのどこがいいのか、そしてどこが物足りないのかを書いてみました。

広告

毎日ランニングするぼくが語る、Apple Watch Series 2のオススメポイント・イマイチポイント

Apple Musicを手首で操作できる

まずは、ランニング中にApple Musicをコントロールできること。

画面上にApple Musicの現在の曲目を表示させることができます。それをタップすると自由に曲をコントロールすることができます。

今までは、ポケットからiPhoneを出して操作する必要がありましたが、Apple Watchなら手首の操作だけで簡単に音楽を切り替えることができます。

ランニングしていて、「今日の音楽はちょっと違うな」と感じたとき、「今日はアップテンポじゃなく、ゆったりとした音楽を聴いて走りたい」というときに自由に変更できるのは重宝しますね。

ランニングアプリと連動して距離・時間が分かる

2つ目は、ランナーなら必ずと言っていいほど使っているランニングアプリについて。ランニングアプリとの連動が素晴らしいんです。

Apple WatchとiPhoneのランニングアプリを起動させた状態で走ると、リアルタイムで走行距離や走行時間が表示されます。

Apple Watch Series 2はGPS機能がついているので、走行距離がきっちりと表示されるのが嬉しい!

「今何キロ走ったかな?」とiPhoneを取り出す必要がないので、ストレスが減りました。

心拍数が計測できる

Apple Watchをつけているだけで常時心拍数が計測され、Runkeeperや、Nike +などのランニングアプリと連動させることができます。

心拍トレーニングをしているランナーには、嬉しい機能ですね。

バンドを替えるだけでビジネスにもスポーツにも使える

Apple Watchは、用途に合わせてリストバンドを取り替えることができます。

ぼくはアクティビティーログを取るためにもApple Watchを使っています。

1日どれだけ活動したか、一目瞭然で確認できます。だからビジネスでもプライベートでもApple Watchをずっとつけていたいんです。

仕事中はミラネーゼループを使っていますが…。

ランニング中はNikeスポーツバンドに。

ラバーバンドなので、汗をかいても丸洗いできるのが利点だし、何より気分が変わってテンションが上がります。

唯一のイマイチなところ

ストップウォッチとしては使いにくい

これは先日ハーフマラソンに出場したときに感じたことです。

スポーツウォッチにはストップウォッチ機能があり、ラップタイムなどが計測できます。

Apple Watchのアプリでは、同じレベルで精密に計測できるストップウォッチはありません(まだ見つけられていないだけかもしれませんが)。

1kmごとのラップタイムが分からないので、ペース配分に苦労したことを覚えています。もしかすると、レース時にはスポーツウォッチも一緒に装着するのが良いのかもしれません。

まとめ

やはり、iPhoneとの連携においては素晴らしい能力を発揮してくれます。もうApple Watchなしでは走ることができないかも。

あとは、レース時のタイム測定をどうするか。これを解決できれば何も言うことはありません。

購入を考えているランナーの方、次世代のランニングを体験してみましょう!

すぐっち
ゴールデンウィークももう終わりだなぁ…。

商品情報はこちら!

広告