福岡 久留米 世界のモヒカン 文化街店 → あっさり豚骨で美味い!【久留米ラーメンをハシゴせよ! その1】

久留米に来て食べたいものといえば、やはり久留米ラーメン。

広告

豚骨ラーメンの発祥地と言われているようで、屋台も含めてラーメン屋がたくさんあるそうな。

事前の下調べでネット検索してみると、『大砲ラーメン』が有名らしいが、地元の人の意見も聞いてみたい。

タクシーの運転手に聞いてみると、宿泊するホテルの近くにラーメン屋が集まっているところがあり、なんと二軒両隣に人気店が立っているそうな。

ううむ、どっちの店にしようか悩む…。
あれこれ考えていると、運転手さんから、どっちも行ってみたら?とナイスな提案が!

確かに、夕方にランする予定だし、少しくらいカロリー高くても問題ないに違いない!

ということで、大義名分を携えて2軒訪問してきました!

久留米ラーメン横丁? 人気店がホントに隣接してた!


久留米市日吉町の繁華街、文化街。

ここに、ラーメン屋が密集している一角があった。
もともとは、『久留米ラーメン横丁構想』なるものがあり、元々古いお店が集まっていたところに、今の人気店が立て続けにオープン。

久留米ラーメン横丁として押し出していく予定だったようだが、その呼び名がどうなったのかは不明。

並んでいる2軒は、老舗と新世代、それぞれの人気店らしい!

それでは、突撃してみよう!

世界のモヒカン 文化街店 ポップな店内とはうらはらな、あっさり味!


まずは、新進気鋭のお店にGO!

看板から気合入ってる。夜の街に映えていた。


入店すると、ラーメン屋にしてはポップな雰囲気。
右奥に見える店長さんのヘアスタイルは、なんとモヒカン!!
うーん、気合い入ってる。こういう体育会系のノリ、意外と好きかも。


名刺も可愛い。
そして注目したのがテーブル。なんと、タイル張り。夏には涼やかに見えていいね。


さて、ラーメン!600円でした。この価格、関西では安いけど、久留米では高めの価格設定らしい。

次のことも考えて、一番シンプルなモヒカンラーメンをオーダー。

ラーメン椀も、看板と同じ赤。
なんとなく、豚骨スープの色に合っていると思う。

まず、スープをすすって見ると…。

お、そんなに豚骨臭くない!久留米ラーメンは、博多ラーメンよりもコッテリしてると聞いていたけど、スープもそこまで濁っていなくてアッサリ。


麺はストレートの細麺。これは九州では王道です。文句なし。

個人的には、札幌ラーメンの縮れ麺が好きだけど、郷に入れば郷に従え。


高菜は無料で入れ放題!好きなんですよねえ、高菜。
味が全く変わるので、途中で入れるとより楽しめます。

ごちそうさまでした!

コテコテこってりをイメージして臨んだけど、いい意味で裏切られた。

お酒飲んだ後の、シメラーメンとしては最高だと感じた。

あと、スタッフのキビキビした動きがすごく印象的。楽しそうにラーメン作ってて、いい感じでした!

関連ランキング:ラーメン | 西鉄久留米駅久留米駅

広告