会場の刻家(ときや)さん 築90年の町屋に感じた懐かしさ – ものくろキャンプ×MAKANA ワークショップ参加レポートその2

ものくろワークショップの参加レポートその2です。今回のワークショップの会場が、とっても雰囲気が良くって、もう大好きになっちゃいました。

【参考記事】

ものくろキャンプ×MAKANA ワークショップ参加レポートその1 iPhoneで素敵な写真が撮れるワークショップ | NO BIG DEAL

広告

ものくろキャンプ×MAKANA ワークショップ参加レポートその2 – 刻家(ときや)さんの雰囲気が素晴らしい

今回の会場は、大阪市中央区、谷町四丁目にあるレンタルスペース「刻屋」さん。築90年の町屋を丸々一軒リノベーションしたレンタルスペースです。

刻家 ときや 町家レンタルスペース レンタルキッチン <大阪市中央区内久宝寺町/谷町6丁目/谷町4丁目>

歴史を感じる長屋の佇まい

昔の日本にタイムスリップしたような感覚で、なんとなく心が落ち着きます。心が勝手にくつろいでいくような感覚になりました。

エントランス。和紙を渋柿で染めたのれんがおしゃれです。引き戸の取っ手は弓矢の矢の形をしています。何か意味があるのかな…。

表札はモノトーン。手先の器用な大工さんが、文字まで鉄の棒で作成してくれたそうです。

一階のスペース。ここでランチと夜の忘年会を行いました。表の窓から中庭の窓が見えます。一直線なので開放感たっぷり!

玄関入って右側のスペースにはちょっとした待合スペース。調度品もひとつひとつが良い佇まいなんです。

キッチンはステンレスで揃えてあってカッコいい!新しいものと古いものが調和してます。

ランチ用のお味噌汁を作ってくれています。

中庭もあります。ほんのりライトアップ。

中庭から見た眺め。向こうまで視線がまっすぐ。風通しも良いんだろうなあ。

階段は、昔のお家らしく急勾配。母親の田舎の一軒家のこと、思い出しました。

ワークショップは二階で。お稽古事で使用することが多いそうです。

二階の窓からは公園が見えます。春は桜が咲いて綺麗に見えるそうです。

子どもたちの遊ぶ声が聞こえて、和やかな気分でした。

あ、今回のメンバー発見!

調度品も本当に素敵

刻屋を彩る調度品の数々。写真に収めるのが楽しくて仕方ありません。

まとめ – いつか同窓会をここで開きたい

「ここでみんなで集まって、同窓会したい」って強く感じました。

みんなでワイワイ料理作って、みんなで食べる。刻屋さんで実現できたら、最高の時間になること間違いなしですね。

さあ、ワークショップはまだまだ続きます!

広告