HILLMAN(ヒルマン)梅田店 – シンガポールの有名大衆店!コスパ良くて美味い!

クローズドな会なんですが、親しい友人たちと「関西ウマウマ会」という会を不定期開催しています。主にブログで繋がった友人たちと、コスパ良くて美味いお店を紹介しあうというシンプルなコンセプトで楽しんでいます。

今回訪れたのは、北新地のはずれにあるシンガポール料理屋さん!いやぁ、現地に行かなくてもめっちゃ楽しめました!

HILLMAN(ヒルマン)梅田店 – シンガポールの有名店が北新地に!コスパ良くて美味いアジアン料理見つけた!

広告

1963年創業のシンガポールのお店 梅田店は日本で2番目!

来ましたよ〜。ほとんど梅田に近い、御堂筋と北新地の東端がぶつかる所にあります。というか、この道よく歩いてて見たことあったよこのお店!

SINGAPORE HILLMAN 喜臨門と表記がありますね。1963年にシンガポールでオープンした大衆食堂がルーツになっているそうです。

店内は明るくって、コンクリート打ちっ放しで開放的。2階建てで、今回は2階に通されました。

お店の創業者の年表ですね。こういう歴史がわかるのが、なんか好き。

螺旋階段を登って、2階へ。マーライオンのポスターもかっこいいよね。

ここの名物ペーパーチキンは絶対外せない

いきなりドンっと出ました、ペーパーチキン!

醤油や紹興酒、ごま油などで作った自家製のタレに鶏肉を漬け込み、ペーパーで包んで揚げたものです。

あ、ギョウザみたいだけど、皮は食べちゃだめですよ。

こんな風に、紙をビリビリ破いていきます。ちょっと紙と肉がくっついてる部分もあるんだけど、頑張って取りましょう。

見てください、このジューシーな肉汁を・・・!

手は汚れても仕方ない!

他のメニューも充実しています

こちらはペッパークラブ。タラバガニを甘辛く煮て、ブラックペッパーで仕上げてます。

ブリンブリンなタラバガニの身!

ほんのりした甘みと、ピリッとしたブラックペッパーが相性いい!

こちらは蒸し鶏。美味しそうなソースがかかってる!

自家製ネギ生姜ソースでした。これは美味い・・・!

これは牛肉の甘辛炒め。基本的にスパイシーなものを頼みましたが、食欲そそるんですよねぇ。

こちらの、マントーというお饅頭と一緒に食べるとさらに美味い。揚げ・蒸しと選べます。これは蒸し。

シメにはオーソドックスなチャーハンで。ぱらりとした食感はさすがですね。

まとめ

アルコールも遠慮せず飲んで食べて、一人4,000円弱だったからコスパは高いです。

気取った店じゃなくて、気軽にワイワイできるのがいいですねー。

ちなみに、ここでぼくの悩み打ち明けタイム → みんなからフィードバックもらう → めっちゃ元気になる、という、ぼくにとって最高の時間があったことは秘密にしておきましょう!

店舗情報はこちら

関連ランキング:居酒屋 | 大江橋駅北新地駅東梅田駅

広告