サーモンのトマトクリームパスタ – 具材はシャケとトマトだけ!簡単でコスパ抜群です!

日本人に馴染みが深い魚介類といえば、サーモン(鮭)ですよね。

今回は、サーモンを使ったパスタを紹介します。めっちゃシンプルで美味しいですよ!

今回も、心斎橋の隠れ家系イタリアンのマスター直伝の技です!

広告

サーモンのトマトクリームパスタ – 具材はシャケとトマトだけ!簡単でコスパ抜群です!

まずは材料を見てみましょう。

材料(2人分)

  • シャケ(2切)
  • トマトピューレ(4個、トマト缶より)
  • ブランデー
  • 生クリーム(50ml)

ホントですよ!これだけで美味しいパスタができあがるんです!特に、写真の通り具材はシャケとトマトだけでオッケー!にんにくも入れないし、チーズも削りません。

ちなみに、シャケは塩味がついていない方が良いです。塩加減を調整しやすいので。

スーパーでみつからなかったので、今回は塩鮭にしました。

では、作り方を見ていきましょう。

シャケを炒めるときは、ガッと強火で!

まずは、生鮭を軽めに炒めます。オリーブオイルは少なめで。

生の部分がなくなるくらいでOKです。皮を取って身をほぐしていきます。

身がほぐれたら、改めて炒めていきましょう。

オリーブオイルを多め(大さじ3)くらい入れて、強火で炒めます。シャケがフライパンにひっつくくらいで大丈夫。強火で炒めることで、臭みを和らげるのが狙いです。

隠し味にはブランデー!コクが出て濃厚な味に変わる!

シャケに焦げ目がついてきたら、いったん火を止めます。フライパンを火から外してブランデーを一回し!

フライパンを火にかけたままブランデーを入れると火がついちゃう可能性があるので注意が必要です。まあ、ステーキ焼くときのフランベと一緒ですね。

ブランデーを入れたら、トマトピューレを加えて潰していきます。

塩は多めに思い切って入れる!

ここで塩で味付けです。塩は多めがポイント!4つまみくらい入れます。

このあたりで、パスタを茹で始めましょう。

強火でしっかりと煮込んで、水分を一度飛ばします。ソースをぎゅっと凝縮させるイメージで。こうすると、トマトの旨味が際立ってきます。

水分が飛んできたら、さらに塩をひとつまみ入れます!塩辛すぎるかな?と思うくらいでちょうど良いです。

煮詰まったところで、パスタの茹で汁をお玉1杯分くらい注ぎます。茹で汁はどんなパスタでも必ず入れます。パスタとソースが上手く絡まるんです。

パスタを投入します。ああ、いい色だ・・・。しっかりと混ぜていきます。

ここまでで調理を終えても、普通のトマトパスタになりますね。

生クリームは最後に入れる!風味を残すためのコツ!

さあ、トマトクリームパスタにするためには生クリームが必要です!

ここでのポイントは2つ。

  1. 生クリームは最後に入れます。火にかけすぎて、風味がなくなってしまわないように。
  2. 生クリームの量は少なめに。あくまでもアクセントとして使いましょう。

最後に、オリーブオイルを少量加えて混ぜれば完成です!!

トマトの濃厚な旨味がサーモンと絡まって美味しいです。コクがあって深い味わいになってるのは、ブランデーと生クリームのおかげかな。生クリームは風味がしっかり残っています。

まとめ – 火加減・調味料投入のタイミング次第で味も変わる!

今回は極端に具材が少なかったですが、そのぶんテクニックで味を作った感じになりました。

学びとして、具材を炒める火加減・調味料を入れるタイミングを変えるだけで、味わいがガラリと変わること。

今までは、生クリームは多めに使って煮込んでいましたが、それだと生クリームに頼りすぎて単純な味になるんですよね。

風味を引き立てるには、少量が大事なんですね。

また1つ、レシピが増えました!

広告