CATEGORY 本読みました

本読みました

【読書】西加奈子さんの『サラバ!』を読んで、自分と周りを比べなくても良いことを教えてくれる物語

僕は、生きている。生きている事は、信じていると言うことだ。僕が生きていることを、生き続けていくことを、僕が信じていると言うことだ。(サラバ!文庫版下巻 P.270) 周りばかりが幸せになっていって、自分だけ取り残されてし…

本読みました

「罪の声」塩田武士著 – 『アメトーーク!』で紹介された長編ミステリーを1日で読んでしまった

『アメトーーク!』で、先日放送された「本屋で読書芸人」。今回も芸人さんの魅力的なプレゼンで、読みたい本が目白押しでしたね。 次の日に本屋さんに行くと、もう「アメトーーク!読書芸人で紹介された本のコーナー」ができている!小…

本読みました

【読書】関ヶ原 司馬遼太郎著 – 『何をもって人を動かすのか?』を考えさせられる長編小説

司馬遼太郎作の関ヶ原を読み終わりました。また今週には映画化された関ヶ原も見に行ってきました。 小説は約2ヶ月かけてゆっくり読み込んだことになります。関ヶ原の戦いは、あまりに有名でなんとなく知っているけれど、なぜその戦いが…

ボディメイク

【読書】筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方 – ダイエットの時こそ栄養を考える必要があると知った本【カラダ改造計画その2】

6年ぶりにスタートしたダイエット。順調に進めているんですが、前回の反省を活かしてアプローチをちょっとだけ変えています。 それは、栄養補給と筋トレです。 今回は栄養補給について。ある本との出会いから、摂取する栄養に気をつけ…

本読みました

司馬遼太郎記念館 売上ベスト10【小説編】 – 意外なランキングに驚き。記念館を訪れた人たちはどんな本を買うのか?

司馬遼太郎記念館に訪問した時の続編です。 司馬遼太郎記念館(東大阪市)はファンなら必ず訪れたい聖地! – 静かな空間で司馬ワールドに浸ろう! 司馬遼太郎記念館の中では、書籍販売コーナーがあります。全ての書籍が買えるように…

本読みました

司馬遼太郎記念館(東大阪市)はファンなら必ず訪れたい聖地! – 静かな空間で司馬ワールドに浸ろう!

会社で午後休をいただいて、司馬遼太郎記念館に行ってきました! 司馬遼太郎作品が大好きなぼくにとっては、至福の時間になりました。 この大人の社会見学、興奮が冷める前にまとめておこう! 司馬遼太郎記念館(東大阪市)に行ってき…

本読みました

リーダーなら心に留めておきたい3つの鏡 – 【読書】座右の書『貞観政要』〜中国古典に学ぶ「世界最高のリーダー論」〜 その2

銅を鏡にすれば、自分の顔や姿を映して、元気で、明るく、楽しそうかどうかを確認することができる。歴史を鏡にすれば、世の中の興亡盛衰を知ることができる。人を鏡にすれば、その人を手本として、自分の行いを正すことができる。(P….

本読みました

リーダーの「器」は大きくせずに、中身を捨てよう – 【読書】座右の書『貞観政要』〜中国古典に学ぶ「世界最高のリーダー論」〜

今、自分の器の中(頭の中といい換えてもいいでしょう)に入っている、好き嫌いの感情、仕事観や人生観、ちょっとはいい格好したいという見栄、あれが欲しいという欲求、自分は正しいという思い込み、まわりは間違っているという偏見、上…

本読みました

【読書】世界のエリートがやっている最高の休息法 – 「今、ここ」に意識を向ければ脳の疲れが取れる

究極の憩いの場は、世界のどこかにあるわけではありません。あなたの内面が癒されなければ、本当の休息はやってきません。そして、そのための最も確実な方法は、あなたの脳を休めることなのです。(P.248) 「世界のエリートがやっ…