ふくカフェ(南あわじ市)- 池のほとりの築100年以上の古民家を改装した隠れ家カフェ

淡路島一日旅行の続き。

おやつの時間に入れるカフェを探していたら、ワイフがネットで見つけた一軒のカフェ。

ちょうど近くにいたので、行ってみることにした。

すんごい場所にあってびっくり…!

広告

ふくカフェ(南あわじ市)- 池のほとりの築100年以上の古民家を改装した隠れ家カフェ

ナビも案内しきれない場所にある ふくカフェ

▲ナビを見ながら車を運転してたんだけど、ゴールまで道が繋がってない…!

一回通り過ぎてしまって、慌ててUターン。

▲両側が藪の小道。看板が立ってるので、こっちで良いことがわかるけど、何もなければ絶対入らないよね。

▲あった、駐車場!

駐車場はかなり広くて、たくさん車を停められる。

▲お店には、てくてく歩いて行くようだ。看板に暖かみがあって可愛い。

▲車が入れないくらいの路地を歩く。

看板がそこここにあって、ぼくらを安心させてくれる。

▲ますます道が細くなる…!いやぁ、看板がないと引き返しちゃうレベルじゃないか…?

どんどん進もう。

▲やっと民家らしきものが見えて来た。

かなり年季が入ってる。もしかして、ここなのか…?

▲おお、あった!

ふくカフェは、古民家を改装してできたお店なのだ。こちら側から見ると、かなりお洒落な雰囲気が出ている。

このお店はかなり人気のようで、訪れたのが16時だったけど30分くらいは待つこととなった。

見事に改装された店内

▲中に入ると、太い梁が昔ながらの日本家屋を思い出させてくれる造りだ。

築100年以上経つ古民家だそうだが、こうやって改装して人を再び集めることができるって、素晴らしい仕事だな。

内装はとても可愛らしく、ゆっくり過ごしたい気持ちにさせてくれる。

▲ところどころに、ふくろうの置物が。まん丸で可愛い。

▲ゴミ箱(?)もふくろう。

子どもたちが見つけて喜んでいた。

淡路島産にこだわったワッフルが美味い!

▲ふくカフェでおススメなのは、このベルギーワッフル!

淡路島産の牛乳、卵を使ってあります。注文してから作ってくれるので、生地がアツアツで美味い。

出てくるのに、少し待つことになるけど、待つ甲斐がある。

▲ワイフは11月のおススメワッフル、くりとチョコのワッフルを。

チョコレートの蜘蛛の巣が可愛いね。

▲ドリンクは、はちみつコーヒーだったかな?自家焙煎してるみたいで、コーヒーにもこだわっている。

よく見たら、淡路島の形をしたコースターだった。

▲コースターは、お土産として売ってるよ。

さいごに

美味し過ぎて、家族みんなお腹いっぱいになった。

休日はおそらく混むので、時間に余裕をもって行くほうが良いだろう。

一人でゆっくり本を読む、というよりは、友人や恋人との語らいの場として行くと良いと思う。

カフェまでの道のりも、楽しませてくれるはずだ。

店舗情報はこちら!

関連ランキング:カフェ | 南あわじ市その他

広告