うおたけ鮮魚店やけんど 海鮮どんや(兵庫県・淡路市)- 鮮魚店が営むお店のサワラ丼が美味かった!

淡路島に家族で1日旅行してきました。ワイフの誕生日祝いを兼ねて、この時期に毎年行きます。家から車で1時間もドライブすれば着いちゃう、身近な旅行先です。

淡路島といえば、たくさん美味しいものが溢れています。

今回は、海鮮にターゲットを絞って、美味しいお店に行ってきました。

広告

うおたけ鮮魚店やけんど 海鮮どんや(兵庫県・淡路市)- 鮮魚店が営むお店のサワラ丼が美味かった!

お店は淡路島の北淡インターチェンジから車で5分くらい。淡路島の西の海岸沿いにある。

どうやら、お店がオープンしたのは昨年のようだが、鮮魚店として約40年の老舗が経営しているらしい。

期待しても良さそうだ。

▲11時くらいに到着!

おお…、思っていたよりもこじんまりとした外観。海沿いのだだっ広いところに立ってるから、余計そう感じるのかも。

海沿いなので、車を降りた途端に潮の香りが漂ってくる。

建物はやはり新しい。お店の外にもテーブルが置いてあって、海を眺めながら食べられるのだ。

ちょっと風が強かったので、店内へ。

▲店内はテーブル席と座敷がある。筆書きで書いたメニューと料理の写真が賑々しい。

店が開いた直後で人がいないが、この後続々とお客さんがやって来る。

早く来ておいてよかった…!

▲暖簾として、大漁旗が飾ってあるところがカッコいい。

▲座敷の窓からは、海が見える!

この日は風が強いからか、波しぶきがすごくて子どもたちはずっと外を見ていた。

▲後で外に出てみると、こんなオブジェが。

椅子があって、記念撮影スポットになっていた。

▲さて、メニューを見てみよう。

目を引いたのは、サワラ丼である。

サワラ。鰆と書く。春の魚と書くのだが、この時期も旬で、脂が乗って美味しいそうだ。

新鮮じゃないと、刺身では食べないそうだが、実は刺身で食べると一番美味しいんだとか。

よし、これを食べることに決定!

▲10分ほど待って、出てきましたサワラ丼!

サワラの切り身がきれいに並べられている。

▲シラスと玉ねぎも乗っている。淡路島の食材が贅沢に使われているのが嬉しい。

▲玉ねぎは、新玉ねぎだそうで、とってもみずみずしい。

食べてみると苦味はまったくなくて、シャキシャキだ。

▲さあ、まずはサワラだけ食べてみよう!

皮が炙ってあり、香ばしい香りがする。

食べてみると、白身魚のはずなのに濃厚な味。淡白なのかなと思っていたが、脂がのっていて美味い!

これなら丼ものとして食べ応えがあるね。

▲シラスも真っ白で新鮮だ。

サワラとご飯の間に敷いてある。

▲ほら、身が輝いている…!

こんなに美味しいものは、もったいながらずご飯と一緒に掻き込もう。

身が新鮮で本当に美味かった。これは獲れたてじゃないと美味しさが分からないだろう。

来てよかった。

▲家族でそれぞれ違うものを頼んだので、そちらもご紹介。

こちらは海鮮丼。これも新鮮な魚たちが所狭しと並んでいる。

ワイフは美味しそうに食べていた。

▲子どもたちは天丼を。

エビはもちろん大きいし、白身魚もホクホク。

小さな子どもはこっちが好きだろうな。

▲カレイの唐揚げも注文してみた。

小ぶりのカレイが一匹丸ごと揚げてある。背中から割いて背骨を取り出し、骨せんべいにしてあった。

天ぷらもそうだったが、揚げ方が上手いから、頭から尻尾までサクサク。

次は、ほかの唐揚げもぜひ食べてみたい。

さいごに

さすが、老舗の鮮魚店が営んでいるだけのことはある。新鮮な魚ももちろんだけど、調理も良いと感じた。

淡路島の新鮮な食材を楽しめたし、子どもたちも大満足。

また来たいお店です!

店舗情報はこちら!

関連ランキング:海鮮丼 | 淡路市その他

広告