ブログって、ただ書き続ければいいのか?ちょっと方向性が見えなくなってる件

ブログって、長く書いてると色んなことがわかってくる。生活のテンションと密接に関わってくるんですよね。

そりゃあ、心の中を言語化してるんだから、当たり前なんだけど。

2014年、ブログを始めた頃は

最初は自分の身の周りの、おもしろいことを拾って書いていた。単純に楽しかった。

記事を書いて、「投稿」ボタンを押すだけで満足感がありました。

「やった、一つ記事が書けたぞー!」

ブログの外観を、有料テーマにしたり、ブログのロゴを作ってもらったりして、自分だけの世界っぽくカスタマイズできました。

車をカスタマイズするように、ブログを自分色に染めていくのもとっても楽しかった。

仲間もできた。ブログを始めていなければ出会えない人たち。ブログを持っていたら人に会える。そんな感じで人生に彩りが加えられた。

3年半経った今の風景

今はこんな風に想いが変わった。

  • 役に立つことを書かなきゃいけないのか?
  • ライフログでいいのか?
  • 何でも書いたらいいけど、だからこそ何かを書きたい。でもそれが何かわからない。
  • わからないままでも、ただ書き続ければよいのか?立ち止まってよく考えるべきなのか?

書き続けたら何か見えてくると人は言う。450記事で何か見つけようなんて、まだまだおこがましいと。

でも、書けば書くほど、自分には何もないことに気づく。鉛筆の芯を削るみたいに、自分を突き動かす何かが少しづつ見えてくるもんだと思っていた。

でも3年半やってきて、トンネルを抜け出た感覚はまだない。いろんなジャンルの記事を書いて、そこから見えてくる総合イメージをブランディングすればいいのか?それとも・・・?

答えは書きながら見つけられるのだろうか?

ひとつだけハッキリしているのは、答えは『今』にはないということ。

書き続けようと、書くのやめようとも、何かが見えてくるのはもうちょっと先のような気がしてる。

もしかすると、馬の鼻先にニンジンをぶら下げるように、ずっとかぶりつけないのかもしれないね。

広告

さいごに

こんなふうに、悶々と悩むことももちろんある。

悶々と、淡々と参りましょう。

広告