ブロッコリーのトマトクリームパスタ – 秋冬に食べたい!生トマトと鷹の爪でオトナの味になるよ

久しぶりのパスタブログです。

秋冬になると食べたくなるのは、クリーム系のパスタですね。

生クリーム&牛乳で王道のパスタを作ってもいいけど、ちょっとオトナバージョンを紹介します!

ポイントは、生トマトと鷹の爪で味つけすることです!

広告

ブロッコリーのトマトクリームパスタ – 秋冬に食べたい!生トマトと鷹の爪でオトナの味になるよ

材料(2人前)

  • ブロッコリー 1/2株
  • パンチェッタ 100g(ベーコンでも可)
  • トマト 中2個
  • にんにく 1片
  • 鷹の爪 1つ
  • 生クリーム 100g
  • 牛乳 50g
  • 白ワイン 大さじ1
  • 塩・こしょう 適量

作りかた


▲まずは下ごしらえから。

パンチェッタはサイコロの形に切っておきます。ベーコンでも代用できるけど、ちょっと贅沢な素材で作ると気分が上がります!


▲ブロッコリーは茎と葉の部分を分けて、ひと口大に切ります。


▲熱湯で下茹でしておきましょう。2分間くらいで、色鮮やかになったら取り出します。

最後にソースに絡めるので、茹ですぎないように。やり過ぎると色が悪くなってしまいます。


▲オリーブオイルを少しだけ入れて、パンチェッタを炒めます。

パンチェッタから脂がどんどん出てくるので、オイルは少なめで大丈夫。


▲ほら、こんなに出てきました!

これがパスタソースの旨みになるんです。


▲こんな感じで、表面がカリッとしてきたら火を弱めます。


▲パンチェッタをフライパンの隅によけて、弱火で鷹の爪とにんにくを炒めます。

にんにくはみじん切りにしているので、すぐに焦げちゃうので油でパチパチしてきたらもう炒め終わりです。


▲ここで生トマトを投入!細かめに切って入れましょう。

トマト缶でも良いんですが、新鮮な風味がパスタソースを美味しくするので、おススメです。

中強火でガッと炒めていきます。


▲炒めていくうちに、皮が取れてくるので取り除いておきましょう。食べた時の食感が良くなります。


▲こんな風に、水気が出てきます。ソースの素になるんですね。


▲ここで、生クリームと牛乳を入れて煮立てていきます。

よく混ぜて、ソースが固まらないようにしましょう。


▲ひと煮立ちしたら、白ワインを入れます。

少し甘みをつける感覚で。

このあたりで、パスタを茹で始めます!


▲ブロッコリーを入れて、煮詰めていきます。


▲黒こしょうで味つけを。今回はこれに加えてハーブミックスを入れて味を整えました。


▲パスタを茹で始めたら、その茹で汁をお玉1〜2杯くらい加えてソースを伸ばしていきます。

茹で汁を入れると、パスタとソースの絡みが良くなりますよ!


▲パスタが茹で上がったら、フライパンに入れて混ぜます。

味見をしながら、塩で味を整えて、最後にチーズを削って完成です!!

いただきます!


▲さて、食べてみましょう。

パスタソースの色合いがね…、美味しそうなんですよ。


▲生トマトから出たソースが、生クリームと出会ってちょっと色が違いますよね。

味を確かめてみると…。

生トマトの風味が残っているのと、鷹の爪の辛さが後から来るのが美味い!

生クリームの甘さだけじゃない、大人の味になってます!

さいごに

生クリームだけだと、単調でコッテリな味つけになるんだけど、生トマトと鷹の爪を加えると全く違う味つけになります。

ぜひ試してみてください!

すぐっち
ワイフも絶賛してくれました!

広告