宮島ボッカ アルケッチャーノ(広島・宮島口)- オーシャンビューと地元の食材を楽しめる落ち着いたイタリアン

広島・宮島口にある、アルケッチャーノというイタリアンに行ってきました!今回の帰省で必ず訪れたいレストランだったんです。

このお店を知ったきっかけは、あるパスタの本でした。

ぼくがパスタを毎週作ってることをお義母さんが知り、プレゼントしてくれたんです。

『素材の味を活かしたパスタ作り』をコンセプトにした本で、調理方法はもちろんのこと、フライパンのあおり方まで細かく書かれていて、すごく興味を持ちました。

著者の奥田正行シェフは、山形でイタリアンレストランを開いていて、地元で採れる食材を使った料理を出していると紹介されていて、『行きたいけど、山形は遠いし…』と思っていたら、なんと広島の宮島口に系列店があるそうで。

さっそく予約してもらって、贅沢なランチを楽しみました!

広告

宮島ボッカ アルケッチャーノ(広島・宮島口)- オーシャンビューと地元の食材を楽しめる落ち着いたイタリアン

宮島口フェリー乗り場から徒歩すぐ、瀬戸内海が見渡せる

▲お店は宮島口のフェリー乗り場から西へ少し歩くと到着します。

▲『海と畑のイタリアン』。何が出てくるんだろうか、楽しみ。

▲オーナーシェフの看板もしっかり出してありました。

オーシャンビューの明るい店内で団欒を

▲店内は白を基調とした色づかいで、太陽の光を浴びて明るい雰囲気。

窓の向こうには、宮島行きのフェリーがゆっくりと遠ざかって行くのが見えます。

夕方はさぞかし絶景なんでしょうね。

▲壁には厳島神社の絵が掛けられていました。

そもそも、なぜ山形でイタリアンを経営しながら、広島にお店を出したのでしょう?

スタッフの方にお聞きすると、オーナーシェフがここを訪れた際に、たまたまここの店舗スペースが空いていて、『ここでお店をオープンしたい』と決断したそうです。

▲キッキンも白。地中海をイメージさせます。

ランチメニューはこちら

▲さあ、ランチを食べますよ!

電車で来たので、せっかくだしスパークリングワインをオーダー。平日の昼間から飲むなんて、ぜいたくです。

▲次にいつ来れるか分からないので、イタリアンプリフィックスコースにしてみました。

▲パスタはオイル、トマト、クリームの中から選びます。

めっちゃ迷ったけど、今回はオイルベースで!

新鮮な食材がていねいに調理されて

▲まずはスパークリングワインを。

ピノ・シャルドネの辛口をいただきました。よく冷えていて、のどごしが最高!

▲前菜のサラダ。

新鮮なお野菜を味わうため、味つけは控えめに。ビシソワーズ(じゃがいもの冷製スープ)は濃厚でした。

▲こちらは見慣れない野菜だと思ったら、キュウリ!みずみずしい。

▲ここでフォカッチャが。

柔らかくて、子どもたちもパクパク食べてました。

▲サラダの次は、パスタが出てきました。

ぼくのオーダーはあさりと広島レモンの爽やかスパゲッティ。

お皿のふちに、レモンの皮が削ってあって仄かなレモンの香りに包まれます。

▲パスタの量は控えめ。

オイルベースだけど、全くオイリーな感じがしなかった。あさりにほんのり酸味が加わって、食欲をそそられた。

食べ終わったあと、お皿に残ったソースがあさりの旨味が出てて美味い!

しっかり味わって、おうちで再現できるようになろう。

▲こちらはワイフがオーダーした、瀬戸もみじ豚のラガークリームソース。

生マッシュルームの香りが芳醇でした。タリアテッレ(平めん)はホウレンソウが練りこんであって、見た目も美しい。

▲パスタのあとは、鯛のアクアパッツァがメインで。鯛ももちろん美味しかったけど、ドライトマトの甘さに魅かれました。

▲ワイフのメインは広島・瀬戸もみじ豚のグリル

お皿のふちに、竹墨塩をまぶしていて、豚肉と合わせると肉の旨さが引き立ちます!

そして、おくらを始めとするお野菜がまた美味しいです。

メインを引き立てるというより、お野菜自体も主役な感じ。

▲デザートはスイカのパンナコッタを。

スイカのシャーベットがあっさりした甘み。

▲ちなみに、事前に息子のバースデイをお伝えして、バースデイケーキっぽくしてもらえました!

まとめ

食材の一つ一つが新鮮で、食材を大切に思ってることが分かるコースでした。

そしてなんといっても、スタッフの方の接客がフレンドリーですごく良かった!

いつもにこやかに話しかけてくれて、気にかけてくれていたのが印象に残りました。

おかげで、すごくリラックスした楽しい時間を過ごすことができました。

これからも再訪してみたいお店です!

店舗情報はこちら!

関連ランキング:イタリアン | 広電宮島口駅宮島口駅

広告