ランニングするのは朝・夜どっちがいい? – 朝ランおすすめ編

あと4日で、ランニング連続出走が800日に到達します。いやー1,000日までもうひと踏ん張りね!

そんなぼくが、よく人から聞かれる質問として『朝と夜、ランニングするならどっち?』があります。

2年以上毎日走っているので、それぞれのメリット・デメリットがあるんですが、まずは朝ランについて語ります!

広告

朝ランのメリット

早起きが習慣になる

ランニングを始めてから、土日は早起きになりました。6時過ぎには起きて、6時30分からランニングをスタート。

この時間に走るようになったのは、ランニングのせいで家族との時間が減るのが嫌だったから。子どもたちが寝てる間に走り始めて、朝食の時間までに帰ってきます。

昼間に走っちゃうと、子どもと遊ぶ時間がなくなるんですよね。

こうして、土日こそ早起きするようになりました。

頭がスッキリして、気持ち良い一日を過ごせる

起きてすぐ運動すると、血の巡りが良くなって頭がシャキッとしてきます。20分も走れば、完全に覚醒状態に。

呼吸をしっかりするから、頭に酸素が供給されるんでしょう。

そして走り終わると、一汗かいて爽やかな気持ちになるわけで。

頭はシャキッと、気持ちは爽快。

この状態なら、そりゃあ一日が気持ち良くスタートできますよね。

自己肯定感が高まる

朝起きてランニングすると、自分に課したタスクが一つ完了するわけです。

アプリに走った記録をつけて、『よっしゃ!これでルーティーンを一つ達成した!』と、気分良く1日を始められます。

これを繰り返していると、自分が意識高い系の人になったみたいで(笑)自己肯定感が高まりますよ。

朝ランのデメリット

【夏】汗が止まらない

お仕事の日は、これが要注意!

夏場に走ると、すぐに体温が上がって汗をかくんですが、シャワー浴びたくらいでは汗が引かないんですよ。

シャワー後にしばらく扇風機の前で汗を引かせるしかないんですね。

汗が引かないままだと、朝からワイシャツが汗だく…ってことになりかねないので、汗を引かせる時間を確保する必要がありますね。

【平日】そこまで長い距離は走れない

平日は出勤時間が決まっているので、長い時間をランニングに割く訳にもいかないです。

そりゃあ、もっと早起きになれば良いんだけども、そこまではまだやってないですね。

まとめ

デメリットは苦し紛れに付け足したようなもので、朝ランは気持ち良いというのが素直な気持ちです。

いつもより30分早く起きて、少しでもいいから走ってみて下さい。

1日の始まりかたが変わりますよ!

すぐっち
今日は1日京都で研修だったから、ブログ更新遅くなっちゃった!

広告