BEER缶チキン2986×Any(大阪・本町)- バーベキューで大人気のビア缶チキンが食べられるキッチンバー!

バーベキューで近頃人気の、『ビア缶チキン』を知っていますか?

鶏を丸ごと1匹と缶ビールを使ったグリル料理で、アメリカのバーベキューとして流行ったものが、日本にも来ているようです。

ビア缶チキンを出すお店を大阪・本町に発見。行ってみると、インパクトがあり過ぎてずっと興奮しっぱなしでした!

広告

BEER缶チキン2986×Any(大阪・本町)- アメリカBBQ発祥のビア缶チキンが驚愕の美味さ!

お店は御堂筋線本町駅から南へ徒歩5分くらいのところ。御堂筋より一本西へ外れた路地沿いにあります。

オシャレなキッチンバーですね。2017年3月から開店されたようです。

『世界の味がBEER缶チキンで楽しめる』だって。そんなに何種類もあるのかな??

いやぁ、いわゆる大阪的なやつですね。チキン野郎だから、突入しようじゃないか…!!

店内は天井が高くて開放的!ウッディな造りと、アメリカンテイストな内装です。

さてさて、気になるビア缶チキンのメニューはこちら!

3種類もある…!と思ったら、店長さんから説明が。

『初めてのお客様は、日本からのスタートになります!二回めからは韓国チキンが、三回めからはタイチキンが食べられるライセンス制なんです!』

な、なんと…、来店ごとにレベルアップしていくスタイルなんて、初めて聞いた!

めっちゃユニークやんか…。

ということで、今回はジャパニーズチキンを注文。

まずはハイボールで乾杯!

お通しとして出てきたのはキャベツのアンチョビ炒め。塩辛くてアルコールが進むよね。

ここから、約25分待つことに。ビア缶チキンは注文を受けてからオーブンでじっくり調理するから、楽しみに待とう。

つ、ついに出てきたビア缶チキン!

チキンが…、立ってるよ…!!これは凄まじい眺めだ。

そう、ビア缶チキンとは缶ビールを鶏のお尻からブスッと刺して、オーブンでじっくり焼くんです

ビールの成分がお肉を柔らかくするので、皮はパリパリ中はジューシーに食べられるんです。

チキンのお尻に刺さってる筒を引き抜きます!

お店では専用の調理器具を使っていて、ビール缶で作るよりも美味しく作れるそう。

真ん中の筒の部分にビールを入れるんですね。

引き抜いた後は、こんなに脂が溜まってます。これは取っておいて、最後の〆メニューで使います。

どうやって食べるんだろう、と思ってたらちゃんと店長さんがさばいてくれました。

とても手馴れていて、みるみるうちに食べられるサイズに切り分けられていきます。

背中がぱかっと開きました。ここから更に切り分けて…。

こんな感じになりました!皮がパリッとしてて美味しそう。

こちらはもも肉。

最後にムネ肉。

こうやって、全部の部位をいっぺんに見ると肉の質の違いがよく分かる。

食べてみると、皮はパリパリなんだけど、お肉はふんわりした感触。

ジャパニーズチキンは、醤油だけでシンプルに味つけしてるんだけど、止まらない美味しさ!

トッピングも頼むことができます。

塩、ポン酢、梅肉、わさび、白ネギ、しそなど。

しそを乗せて食べてみました。

チキンの脂に飽きてきたところだったので、ちょうど良い口直し。

〆のぞうすいのクオリティに驚き!

チキンを平らげると、〆のメニューとしてうどんぞうすいのどちらかを選べます。

今回はぞうすいをチョイス。

チキンの脂がたっぷり残ってた器をそのまま使って、新鮮な青ネギいっぱいのぞうすいに!

めっちゃ濃厚な鶏のスープ!飲むとトロッとして美味い!

もうね、鶏の風味がそのままご飯に移ってるんです。ここまで鶏のだしが効いたぞうすいは食べたことがない!

まとめ

いやぁ、ビア缶チキンとぞうすいだけでお腹いっぱいになりました。だって、およそ3人前を1人で平らげたんですから…。

お店もオシャレだし、パーティーや飲み会で使うと良いですね。

すぐっち
それにしても、ビア缶チキン美味すぎ…!

店舗情報はこちら!

関連ランキング:居酒屋 | 本町駅心斎橋駅四ツ橋駅

広告