ボンゴレ・ヴェルデ – バジルとあさりのパスタは初夏にオススメ!

少しずつ暑くなってきましたね。パスタも季節とともに何を食べたいのか変化してきます。

この時期に食べたくなるのは、やっぱりバジルペースト(ジェノベーゼ)ですかねぇ。

ということで、ボンゴレをジェノベーゼ風味にしてみました!

広告

ボンゴレ・ヴェルデ – ジェノベーゼソースとあさりの相性が最高!初夏にピッタリなバジル風味のパスタ

以前、ボンゴレ・ナポリというパスタを作りました。

これに、最後にジェノベーゼソースを加えるという、シンプルなものです!

ジェノベーゼソースは、市販のもので充分美味しいですよ。

材料(2人分)

  • あさり 150g(砂抜きしたもの)
  • ジェノベーゼ・ソース 大さじ3(市販のもの)
  • アンチョビ 1切れ
  • ミニトマト 5個
  • にんにく 1かけ
  • 鷹の爪 1つ
  • 白ワイン 50cc

作り方

ミニトマトは1/4に切っておき、中のゼリーみたいなタネを抜いておきます。

青臭さをできるだけ取りたかったので。

にんにくは半分に切って、包丁で潰します。

鷹の爪は、中のタネを取ります。

オリーブオイルでじっくり炒めていきましょう。

にんにくの良い香りがし始めたら、あさりをガバッと入れます。

フライパンを揺すって、オリーブオイルとなじませます。

その後、ミニトマトも入れて一緒に炒めます。

あさり、トマトからそれぞれスープがにじみ出てきますよ!

次に、アンチョビをみじん切りにして入れます。炒める必要はなく、出てきたスープに混ぜる感じです。

アンチョビは、貝類やタコなど、海産物との相性がバツグンです!

3分ほど経ったら、白ワインを投入!

蒸し焼きにしていきます。

時々中を覗いて、あさりが開いてきたら完了です。

ほらほら、美味しそうなスープが出てるー!

これで完成品でも良いんですよ。その場合はボンゴレ・ビアンコですね。

でも、ここからもう一踏ん張りです!

ジェノベーゼソースを、大さじ1程度投入します!

フライパンを揺すったりしながら、具材と一体化させましょう。

バジルのなんとも言えない香りが立ってきましたよ!

色合いを良くするために、イタリアンパセリを入れます。

これでクツクツと煮込んでいきましょう。

このタイミングで、パスタを茹で始めます。

パスタが茹で上がる直前に、パスタのゆで汁を混ぜてソースを伸ばします。

味見をしながら、ちょっと味付け強いかな?くらいでパスタを投入!

パスタを入れたら火を止めて、具材と混ぜていきます。

最後にジェノベーゼソースをもうひと匙入れて、パスタと絡めます。

あとは、チーズを削って出来上がり!

いただきます!

少し緑がかってますね、いい感じでバジルが混ざってます。

食べてみると、あさりのほんのりとした塩味と、バジルの風味が良くマッチしています!

そして、ミニトマトの酸味がアクセントになって、食欲が落ちないっすね〜。

余ったジェノベーゼソースは、パンに塗ってトーストにすると美味いですよ。

ぜひお試しあれ!

すぐっち
この夏は、ジェノベーゼに恋をしてしまいそう…!

広告