炉端美酒食堂 炉とマタギ(西梅田) – ジビエで宴会!鹿肉、兎肉、馬肉、なんでもござれで美味かった!

ジビエ(獣肉)って、なかなか取っつきにくいと感じたことはありませんか?

でも、西梅田にあるカッコいいジビエ専門店で、これまでの印象がガラッと変わりました。

早速紹介しましょう!

広告

炉端美酒食堂 炉とマタギ(西梅田) – ジビエで宴会!鹿肉、兎肉、馬肉、なんでもござれで美味かった!

やってきました、炉とマタギさん。

今回は、月一で開催している関西ウマウマ会の第5回目なんです。

今回の幹事はブロガー仲間のなみのりこうぼうさん。ご自身がマタギじゃないの?っていうくらい、ワイルドなカッコいいおじさまです。

お店の前ではイノシシがお出迎え。すでにジビエ感を醸し出していますねぇ。

では入ってみましょう!

鹿の角がシャンデリアみたいになってます。壁が板張りになってて、いかにもマタギの小屋って感じですね。

キジの剥製もいい感じ。

まずは乾杯!焼きリンゴのサングリアです。

今回は飲み放題だったんですが、制限時間がなんと3時間!ゆっくりと飲めて嬉しい。

お店のお箸。箸袋がおみくじになってました。こういう楽しくなる仕掛け、好きです!

超大吉って、フェイクなおみくじでも嬉しいもんです。

臭みがまったくないから、箸が進む!

まずは前菜から!とっても色鮮やか。見ただけで何のお肉か分かりますか?

まずは、猪鹿レバーのショウガの旨煮

レバー独特のクセがほとんどないのに驚き!しっかり歯ごたえがあって美味い。

次は、ウサギの塩レモン漬け。これが一番好きだったなぁ。

見た目は豚肉みたいなんだけど、味は鶏肉のようにあっさり。レモンの酸味と合わさって、爽やかでした。

桜肉の茎わさび和え。桜肉とは、馬肉のこと。

まるで本マグロのような鮮やかな赤身が、わさび風味で引き締まった後味になるんです!

三つ葉と白菜のマタギサラダ

白菜のサラダって、お店では珍しい。三つ葉もふんだんに使ってあって、クルミのような粉末がアクセントに。

ボリュームあって、ムシャムシャ食べられます。

鹿のクロスティーニ。バゲットに鹿肉のペーストが乗ってます。

コクがあって、バゲットによく合いますね。

炭焼き七味鶏とキャベツのチリトリ鍋。これも好き!

七味鶏が分厚く切られていて、弾力ある噛み応えを楽しむことができるし、キャベツにもいい味が染みてました。

蝦夷鹿レアカツ 大葉ジェノベーゼソースが出てきた!

カリフラワー、トマト、三つ葉に囲まれてます。

お店の黒板には、えぞ鹿の栄養分について説明が。鉄分がこんなに含まれてるんだ…。期待が膨らんできますねぇ。

レアカツなので、中心は色鮮やか。噛むとほんのり温かくて、絶妙に火が通ってます!

これは美味いー!

シメは、鹿そぼろとちりめんじゃこのご飯でした。そぼろが甘く味付けてあって、じゃことのバランスがいいですね。

まとめ

ジビエというと、どうしても肉の臭みを懸念してしまうんです。

でも、どのお料理も工夫が凝らしてあって全然気になりませんでした。色んな旨味が楽しめたのが良かったですね!

すぐっち
幹事のなみのりさん、ありがとうございました!今回のお店もすべらんな〜!!

店舗情報はこちら

関連ランキング:居酒屋 | 渡辺橋駅福島駅北新地駅

広告