AndMesh(アンドメッシュ)のiPhone7 Plus用ケースをゲット!鮮やかなレッドがクール!!

iPhone 6の頃から使っていた、AndMeshのメッシュケースのiPhone 7 plusバージョンが発売されました。

今まではApple純正のシリコンケースを使っていたんですが、速攻で乗り換えてしまいました!

うーん、やっぱりカッコいい!レビューしておきます。

広告

AndMesh Mesh Case for iPhone7 Plus ケース(レッド)購入!

購入のきっかけ

iPhone系のレビューブログとして有名なgori.meで知ったのがきっかけで、iPhone6用のメッシュケースを買ってずっと使ってました。

iPhone7 Plusを購入したときもチェックしたんですが、7 Plusバージョンは製造コストがかさむという理由で発売されないとの方針だったのです。素材や生産を純日本製でこだわっていたので、コストが合わなかったんでしょう。

iPhone7 Plus発売から約半年経ってようやく、7 Plusバージョンが発売決定。今回は中国で生産することでコスト面を見直せたよう。

品質が変わらなければ問題ないでしょう。

開封の儀 – 今回もこだわりが随所に!

こちらがパッケージ。丸みを帯びて優しげな感じです。iPhoneケースはカラフルな色が好みなので、レッドにしてみました。その他、ブラック、ホワイト、グレーがラインナップされています。

こちらが背面。ほぼ英語で記載されてます。

今回のポイントは下記の3つですね。

  • Military-Grade Drop-Protection(軍用規格の落下時保護)
  • Gradation Mesh Design(グラデーション状のメッシュ)
  • Not too Hard and Not too Soft Grip(硬すぎず柔らかすぎないグリップ)

絶妙な硬さを実現するために、今回もエラストマーという素材を使っています。

手触りを確かめてみます。おお、サラサラした手触り!

純正シリコンケースの場合、ワイシャツの胸ポケットに入れると引っかかって取り出しにくかったんですよね。

すべり落ちない程度のグリップはありつつ、すっと取り出せるようになりました。この絶妙な感覚、やっぱりこだわってるなあ。

また、背面は見た目では気づかないほどの丸みを施しているそうです。

握った時に心地良いと感じるフォルムは背面の丸み。フラットな iPhone7 Plus に、ゆるやかな曲面をプラスしたラウンド構造でケースを設計したことで、手のひらにすっとなじみます。また、ケースの液晶画面側に厚みを持たせることで、液晶画面と接地面との空間を確保でき、液晶画面が傷つきづらい構造を実現しています。 (AndMesh公式サイトより)

正直、持っている時にそこまで感じないんですが、言われてみれば手にしっくりなじんでいる気がする(笑)。

そしてぼくがもっとも気に入っている部分がこちら。リンゴマークに近づくほどドットが大きくなっているんです。

ケース越しに垣間見えるAppleのマーク、かっこいいじゃないか!

まとめ

AndMeshのケースは、メーカーとしてのこだわりが半端じゃないんですよね。素材・デザイン・使い心地など、どれをとっても優秀です。

こういうガジェットが手の入ると日常が楽しくなりますね!

あとがき

すぐっち
春になって、春夏用のスーツをそろそろ出すんだけど、ちょっとお腹が気になってる・・・。

商品情報はこちら

広告