寝ながらスマホを止められた、たった一つの工夫 – 精神力に頼るのは間違いだった

寝ながらスマホ、やってませんか?ぼくも毎晩iPhoneをベッドの中でいじくってました。

SNSやお気に入りのニュースを流し読みしてるうちに、30分くらい経ってることが当たり前になってて、睡眠時間が自然と削られてたんです。

この悪しき習慣を、ピタッと止めることができたんです。

広告

スマホと物理的な距離を取ること

ぼくがやったことは、とってもシンプルなことでした。枕元で充電していたiPhoneを、ベッドルームの別の場所に移すことです。

充電器のコンセントを差す場所を変え、寝ながらでは手が届かない、ラックの上に置くようにしました。

充電器をつなぐと、手を伸ばしてもスマホに届かない絶妙な距離です。

朝の目覚ましが鳴ると、ベッドから出て止めに行かないといけません。これが、か・な・り面倒くさいんです!特に冬の寒い朝なんか、ベッドから出たくないのに出なくちゃいけない。

そんなこんなしながら、寝るときは自然とスマホから離れるようになりました。

そこから…、ずっと寝ながらスマホはやってません。もう1ヶ月は経ちますね。

おかげで、なんだか寝つきが良くなってきた気がします。

精神力で解決しようとしない

こうやって物理的な距離をとったおかげで、寝ながらスマホを止めることができました。

『止めるぞ!』って気合を入れる必要がなかったんですよね。

今回のスマホに限らず、何事にも、精神力では解決できないことってあるんだなぁと。

具体的な行動を変えることで、簡単に止められる習慣がある。工夫があれば、精神力は必要ないってことが分かる出来事でした。

今日のひとこと

すぐっち
スマホ夜ふかしは解決できたから、次は睡眠の質を上げたいな〜

広告