菜の花とホタルイカのパスタ − 春を先取り!この季節しか食べられない組み合わせが美味しい!!

少しずつ春めいてきた今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

春といえば、スーパーに並ぶお野菜もだんだん変わってきて、なんとなく嬉しくなります。

今回のおうちパスタは、春先にしか食べられない食材で作ってみました。

広告

菜の花とホタルイカのパスタ 春を先取り!この季節しか食べられない組み合わせが美味しい!!

材料(2人前)

  • にんにく ・・・ 1カケ
  • 鷹の爪(種は取る) ・・・ 1/2房
  • ホタルイカ・・・ 20匹
  • 白インゲン(水煮)・・・ スプーン2杯
  • 菜の花 ・・・1束
  • 粉チーズ ・・・ 適量

菜の花 下ごしらえ編

菜の花の茎はかなり固いので、あらかじめ太い茎の部分をカットしておきます。

4cmくらいの長さになるようにザクっと切りましょう。

1分ほど下茹でして、水で洗ってから軽く絞って置いておきましょう。

他のレシピでは、パスタと一緒に茹でる人もいるみたいですが、水の色が変わるくらい中身が染み出すので、ぼくは入れ替えました。

調理編

ここからは定番の流れです。オリーブオイルでニンニクと鷹の爪を炒めます。

ニンニクは食べないので、ざっくり二つに割って、包丁の腹で潰して使います。

弱火でじっくりと温めて、香りをオイルに移していきましょう。

香りが立ってきたら、ホタルイカを投入!

ホタルイカの水分で、油が飛ぶから気をつけてくださいね。

中火で炒めていきます。磯の香りがしてきますよ〜。

ここでやっておくといいのが、ホタルイカの目玉を取っておくこと。炒めているうちにポロポロ剥がれてきます。

BB弾みたいに固く、食感が気になっちゃうので面倒でも取っておきましょう。

次に白インゲンをスプーン2杯分入れます。これを入れるととろみがついて美味しさが増します。

なかなか見つけにくい食材ですが、これを加えるだけで玄人パスタになりますよ!

【関連記事】

最後に菜の花を入れて炒めます。色鮮やかですね〜!

あまり炒め過ぎるとクタクタになっちゃいます。下茹でしてある程度柔らかいので、ささっと炒めるくらいで大丈夫です。

このあたりで、パスタを茹で始めます。

炒まってきたら、パスタの茹で汁を3杯ほど投入!

こんな感じで、煮詰めていきます。ソースの味を見ながら、足りなければ塩を加えていきましょう。

ソースはしっかり残しておきます。パスタと絡めやすくなります。

これにパスタを入れて、絡めて完成です!

粉チーズはお好みでどうぞ!!

ホタルイカと菜の花の苦味が絶妙!

さあ、食べてみましょう!

全体的に、ホタルイカから滲み出る塩加減が絶妙です。ホタルイカ自体は柔らかい食感が食べていて楽しいですね。

そして菜の花。下茹でと炒めで苦味がいい感じで飛んでいます。後味にスゥっと苦味が出るくらいで、いいアクセントになります。

春先にしか食べられないパスタ。試してみてはいかがでしょうか。オススメですよー!

広告