「CITTA手帳1DAYセミナー大阪」参加レポート – 自分軸で生きるための時間の使い方を深く学んだぞ!

2月5日、CITTA手帳1DAYセミナー大阪に参加してきました。

昨年購入したCITTA手帳を使いこなすため、著者自らが講師としてセミナーを開催。

手帳セミナーと聞くと、TO DO管理やスケジュール管理などをイメージしますが、それに収まらない新鮮な刺激に満ちた半日でした。

忘れないうちに、早速レポートします!

「CITTA手帳1DAYセミナー大阪」に参加!

広告

CITTA手帳に魅せられたワケ

CITTA手帳との出会いは、とある経営者の方から紹介してもらったのがきっかけ。

何が他の手帳と違ってたかと言うと…、

  • ヨガインストラクターである著者(青木千草さん)が、自費出版で発売をスタート(2013年)
  • 手帳が好きすぎて、市販の手帳に満足できず『それなら自分で作る!』と思い立ったのがきっかけ
  • 口コミであっと言う間に広がり、東急ハンズや銀座伊東屋にも展開
  • 2017年版はほぼ売り切れ状態(手帳業界は、発売した5割が売れればヒットらしい)

という、作った方のストーリーがものすごく見える手帳だったから。

ぼくは毎年のように手帳を買い換える手帳ジプシー状態だったんですが、ここまで手帳に魅せられた人が作った手帳なら、きっと大切に使うに違いないと感じたんですね。

手帳でどうやって夢を叶えられるのか?

ただ、購入して使い始めた12月から2ヶ月間は、以前の手帳と使い方が何も変わらなかったんです。

ただのスケジュール帳としてしか使えてなかった(ガントチャートは使い始めたけど)。

『夢をかなえるための手帳術』って何なのか?どうやって使いこなすのか?

これを教わるために参加しました。

「ワクワクリスト」とは何なのか?

総勢11名で始まったこのセミナー。今回は偶然にも、ぼく以外全員女性…!

平静を装いながらも、アウェイ感がハンパなかった(笑)。ま、すぐに慣れましたけどね。

千草さんの講義も早々に、早速ワークに入ります。

最も時間をかけたのは、ワクワクリストを書くことです。

「『行きたい場所、会いたい人、食べたいもの、やってみたい経験』を、小さなことでも大きなことでも片っ端から書き出してください」

大事なことは、「To Do」ではなく、「Want to」を書くこと。

ただやりたいことを書いているようだけど、実は隠れた目的があります。

書き出すことで、今の心の状態や、今興味があることを自覚することができるんです。

小さいことでも、自分がワクワクすることをやっていくことで、自己肯定感が上がって幸福度が高まる。

そうやってイキイキしてくると、夢が叶う確率が高くなる、というスパイラルになるんでしょうね。

自分軸を取り戻すスケジューリング

自分のワクワクが明確になったら、次は『いつやるか』を設定し、スケジュールに落とし込みます。

自分のやりたいことを真っ先にスケジューリングすることで、自分の時間を主体的に使うようになります。

これも、幸福度がどんどん上がる秘訣ですね。

仕事やら家事やら、やらなければならないことを真っ先にスケジュールに埋めていきがちですが、ワクワクする時間が足りなくなって、いつの間にかワクワクする心すら忘れてしまう…。

そんな状態を引き戻して、自分軸をしっかりさせることができるようになる。

講座に参加することで、めっちゃ腹に落ちました。

まとめ

千草さんはヨガ哲学に造詣が深く、どうすればイキイキとした心でいられるのかを語ってくれます。

その概念を手帳に落とし込んでいるのが素晴らしいですね。

ちなみに、この講座は終わったあとのフォローがすごいんです。

参加者全員でLINEグループを作って、ある宿題を共有するという、まあまあ厳しめな課題が出ました!

このあたりは別途語るとして、まずはしっかりと手帳と向き合おうと決めました!

広告