海外のベストセラー本がサクッと学べるYouTubeチャンネルFightMediocrityがイイ!英語学習にも最高!!

最近、YouTube動画をチェックすることが多くなっています。

日本でもそうですが、海外の動画はよりクオリティが高いものが多く、なにより英語の勉強になります!

この頃お気に入りになっているYouTubeチャンネル、それは海外の名著を紹介する動画サイトなんです。

広告

とってもわかりやすく解説されているし、しかも英語なのがいいですね。

早速紹介しましょう!

海外の名著を紹介するYouTubeチャンネルFightMediocrity – これを見れば英語学習と読書が一気に!

世界的な名著をナレーションとアニメーションでわかりやすく解説!

このYouTubeチャンネル、本当によく考えて作られてるんです。

英語のビジネス書がメインになりますが、主にベストセラー作品を要約しています。

素晴らしいのは、ナレーションとアニメーションをシンクロさせて説明していること。

言葉の説明だけだと理解が難しいんですが、ナレーションと一緒にイラストのアニメーションが映し出されるので、学校の先生が講義してくれているかのように視聴できます。

英語に自信のない人でも、理解が早くなる仕組み

この動画を見て、耳と目で同時にインプットするので、かなり理解が早いです。ナレーションを聞き逃してしまっても、アニメーションを目で追えばおおよその内容が分かります。

もし英語に自信がない人でも、何回か繰り返し見れば十分中身が分かりますよ!

「7つの習慣」、「道は開ける」などほんの数分でざっくり分かる!

現在、約70本の動画がアップされています。日本語に翻訳されたベストセラーもかなりあります。

▲「7つの習慣」は約8分。

▲デール・カーネギーの「道は開ける」なんかも。

▲サイモン・シネックの「WHYから始めよ」も紹介されています。これオススメです!

「人を動かすには、『なぜ?』を伝えないと動かせない」ということがサクッと理解できます。

どれも10分くらいなので、気軽に見れます!

まとめ

ぼくはこの動画を見て気に入ったら、Amazonで原書や日本語版を購入するようになりました。

ざっくりと内容を理解できるから、「もっと読みたい!」という欲が出てくるんでしょうね。

この「本をざっくり理解したい」という欲求に応えるサービスも出てきてるみたいです。

こちらのサービスは、いろいろなジャンルの本を20分くらいで読めるようなサマリーとして提供しているんです。

そういう需要もあるんですね。一ヶ月程度試してみようと思います!

広告