レゾナンスリーディングを付箋でやってみた – 飛行機の中で試したよ!ぴったりの答えが降りてきた!!

先日の出張で飛行機に乗った時に、レゾナンスリーディングを試してみました。

それも、付箋を使ってです!

初めてトライしたんですが、かなり良い感じだったんです。

飛行時間は約40分。そしてせまい座席

国内出張なので飛行時間は約40分しかなかったんです。

そして、ぼくは三列席の真ん中…。せまいっ!

いつもは、A3サイズのスケッチブックでレゾナンスリーディングしてるんですが、こんなところで取り出すわけにもいきません。

75mm×75mmの付箋が大活躍!

なので今回は、75mm×75mmの、少し大きな付箋でマップを描いてみたんです。

こんな感じです。

読んだのは、ハーバードの人生を変える授業。文庫本になっています。

この本、素晴らしいです。別途ブログに書きます。

レゾナンスマップを書いて、キーワードを抽出して、答えになりそうな部分を読む。

そして、行動計画を立てる。

ここまでやった時に、飛行機が着陸しました。

やった、時間内に読めた!!

紙のサイズが小さくても、問いに対する答えが出る!

たった40分でしたが、問いに対する答えを見つけ出すには充分な時間でした。

知りたいことが理解できて大満足。

レゾナンスマップ(紙)のサイズが小さくても、出てくるメッセージは変わらないと感じました。

敢えて言うなら、サイズが小さいほうが、感覚が研ぎ澄まされた感覚があります。

スケッチブックの時は、自由奔放になんでも書けて思考が広がっていくイメージ。

付箋の場合、ぐっと凝縮されたメッセージを生み出すイメージでしょうか。

限定されたスペース、時間だからこそ得られるものがあると気づきました。

まとめ

今までは、スケッチブックに大きく描くことに固執していましたが、付箋でも充分レゾナンスリーディングができますね。

要は、自分が立てた問いに対する答えが見つかるかなので、それが達成できればいいじゃない。

もうちょっと気楽にレゾナンスリーディングしてみます!

レゾナンスリーディングについての書籍はこちら!

広告