中華そば くにまつ(広島・八丁堀) – 汁なし担々麺の老舗といえばここ!ランチは並ぶのを覚悟で行こう

広島といえば、広島風お好み焼き、牡蠣、もみじ饅頭あたりが鉄板だが、このところ汁なし担々麺という新しいジャンルがあるそうな!

早速食べに行ってきました!

広島 八丁堀 「中華そば くにまつ」で、新たなB級グルメを堪能


訪れたのは12時過ぎ。何人も並んでいてビックリ!広島で、並んでるお店を見たのは、博多ラーメン「一蘭」が広島にできたとき以来。

広告


お店のロゴがシンプルでオシャレ。


頼んだのは、汁なし担々麺辛さ2倍大盛に、温泉玉子をトッピング。

出てきたら…、ホントにスープがない!
でも辛そうな雰囲気は醸し出されている。


説明書きによれば、30回以上かき混ぜて味を慣らしていくそうな。
言われた通りにやってみた。

一口食べると…、アレ?思ったより辛くない。
汁がないため、ちょっとモサモサした感があるが、麺はもちもちしていてとっても美味しい。

しかし、食べ進むうちに、徐々に舌がピリピリしてきた。

山椒だ。

もうしばらくすると、そのピリピリ感に辣油の辛さがブレンドされて、味わったことのない味を堪能できた。
普通の担々麺よりも、より山椒の風味が際立っていたと思う。


担々麺の説明書き。
担々麺の辛さは、「麻」といい、山椒でピリリと辛く味付けるのと、「辣」といい、唐辛子の辛さをミックスしたもの。

この、山椒の辛さが食べる人に病みつき感をもたらすそうだ。

ちなみに、「麻」、「辣」は日本人の味付けにはないらしい。だから病みつきになるのか…?


麺がなくなったら、半ライスを注文して残ったスープに混ぜていただく。

これが基本のルーティーンのようだった。


挽肉が絡まって、ご飯に合うんですね、これが!

まとめ

次の日にもう一軒、汁なし担々麺を食べに行ったが、人によって好みは別れると思う。
辛いものや、山椒の風味が苦手なら、ちょっと厳しいかもしれない。

僕にはすごく好きな味だったので、これからも足繁く通うことになりそうだ。

それにしても、広島発のB級グルメ、恐るべし。
どんどん新しい味が出てくるね。

関連ランキング ラーメン | 立町駅八丁堀駅女学院駅

Posted from するぷろ for iOS.

広告