自分をもっとも勇気付けるのは、自分自身の言葉なんだ – 自分の言葉を残していこう

自分自身の言葉に勇気付けられたこと、皆さんはありますか?

ぼくはあります。

自分の言葉は、他の誰からの言葉よりも、もっとも勇気付けられるパワーを持っている。

広告

そんな事を感じた体験をお話しします。

自分をもっとも勇気付けるのは、自分自身の言葉

ぼくの心を震わせた、一通の手紙

ぼくが21歳、大学4年生の頃の話です。

大学3年生の夏から約1年間アメリカに留学していました。

アメリカに滞在中に、日本に残っている家族が関西から北海道に転勤になったため、帰る家がなくなっちゃったんです。

ぼくの荷物は、段ボール箱に入れられて親戚のお家に預けられました。

留学を終えて帰国したぼくは、友人と一緒に住むことに決め、預けていた荷物を親戚の家に取りにいきました。

段ボール3箱くらいだったかな。一つ一つ開けてチェックしていきました。

最後の箱を開けたとき、四つ折りにされたA4用紙が目に入ったんです。

なんだろう、と思って手に取ると、どうも手紙のようでした。

誰からだっけ?と開いてみると、そこに書いていた文字に見覚えが。

それは、ぼく自身の文字だったんです。

そこにはたった一言、

『な、なんとかなるって言ったやろ?』

と書いてありました。

読んだ瞬間、全身鳥肌が立ちました。そんなことを書いた記憶なんてないんです。

でも、明らかにぼくが留学前に書き残していたものだったんです。

手紙を置いたぼくは、大笑いしました。

こんな事を書いていたんだ!と。

過去の自分の言葉が、現在の自分の自信を育む

ぼくはきっと、留学することにプレッシャーを感じていたんでしょう。

親元から離れたことがなくて、初めての一人暮らしが海外。

勉強についていけるのか、友達はできるのか…。

激変するであろう将来に期待と不安の両方を抱き、それをなんとかしたいと足掻いて、自分への手紙を書き殴ったんだと思います。

この言葉を何度もなんども読んで感じたのは、

『ああ、本当になんとかなってたな』

ってことでした。

未来に行った自分が、過去の自分がそのときに感じていたことを読む。

留学が終わった今思えば、なんて小さなことで悩んでいたんだろう。

そう思えるほどに、ぼくは逞しくなって帰ってきたんだ。知らない間に成長していたんだ。

自分の内から、自信がみなぎるのを感じたんです。

自分をもっとも勇気付けられるのは、自分自身からの言葉なのかもしれません。

自分自身に言葉を残すこと – ブログを書くことが自信を増幅させる

同じことを、ブログでも感じています。

ブログの師匠、ものくろさんがワークショップでこんなことを言っていました。

ブログを書くことは、セルフセラピーになるんです。

2年くらい記事を書き溜めてきましたが、以前の記事を読んでいると、当時感じていたことが思い出されてきます。

こんなことがあったな、あの件で悩んでいたなぁ、そんなことを思い出すと同時に、その悩みが過去のものになっていることに気づきます。

いつの間にか、それを乗り越えた自分がここにいる。

それを感じることができるのが、ブログなんだよなぁって、改めて感じたこの頃です。

自分の言葉を、残しておきましょう。

他の誰でもなく、自分だけのために。

そうすれば、自信が少しずつ育っていきますよ!

広告