土屋鞄製造所 アルマスバッファローブリーフを1年半使って見えた変化 – エイジングがいいっ!

2014年11月に購入した、土屋鞄製造所の水牛革ビジネスバッグをほぼ毎日使っています。

購入した理由は、使い込むほどに経年変化(エイジング)が楽しめること。使い方によって、自分だけの味が出てくることに期待したんです。長く使えば使うほど、カッコよくなるんだから、大事にしたくなりますよね。

約1年半が経過したので、どんな変化があったのかまとめてみます!

広告

土屋鞄製造所 アルマスバッファローブリーフを1年半使って見えた変化

革に艶が出てきた

▲購入した時よりも、艶感が増してきました。

ほとんど革クリームなど使ってないにも関わらず、しっとりした触り心地になってきました。

自分だけの型がつく

これが一番の変化ですね。

鞄の中に入れるものによって、革が少しずつ伸ばされていきます。

そうすることで自分だけの型がついてきます。

▲左側を見ると、ちょっと膨らんだような型がついています。

多めの書類をドサっと入れることがあるので、革がそのように変形してきてるんですね。

▲横から見たところ。

書類の厚さ分だけ、ふくらんできました。

こうやっていびつになってるところが、可愛げが出てきたというか、自分色に染めたって感じで嬉しい。

▲片方の底面だけ、少し折り目のような型がつきました。

これも、書類の入れ方によるものです。

格段に柔らかくなったハンドル

▲最も変化が分かりやすいのが、ハンドルです。

買った当初は、革が硬すぎて右手中指にタコができたくらいでしたが、今ではすっかり柔らかくなりました。

持ち手が少しだけ色褪せてきてるのも、使い込んだ証です。

愛着湧きまくり。

▲当初は人差し指、中指、薬指の3本指でしか持てなかったのが、今では4本でしっかり持てます。

鞄全体が柔らかくなってきましたが、特にハンドルは手に馴染んでます。

まとめ – 自分だけの鞄にまっしぐら

その他、少しずつ傷ついたりしていますが、まだまだ綺麗に使えています。

ネットで検索すると、7年、8年使用した画像も出てきて、それはそれはカッコいいんです。

ぼくも大事に育てていきたいと思います!

また定期的にエイジングをお伝えします!!

広告