タコと白ネギのパスタ エ ファジョーリ- 白インゲン豆を使いこなせばお店仕様のパスタに変身!

久しぶりのパスタブログになりました!

ブログに書くのは久しぶりでも、毎週末のパスタ作りは欠かしません。

今回、新しいレパートリーが増えたのでご紹介します!

広告

これもパスタ師匠から教わったレシピで、実際にお店で食べさせてくれたものです。

タコと白ネギのパスタ エ ファジョーリ – 白インゲン豆を使いこなせばお店仕様のパスタに変身!

今回取り上げるのは、パスタ エ ファジョーリです。イタリア語で、パスタと豆という意味。

その名の通り豆を使ったパスタで、今回使用するのは白インゲン(ファジョーリ カンネッリーニ)です!

イタリアでは煮込み料理なんかに定番で入ってる食材で、パスタの具材として入れると、トロみが出てきて美味いんです。パスタとソースがめちゃくちゃ良く絡みます!

トマトソースにはもちろん合いますが、今回はあえてトマトを使わないレシピです!

材料(2人前)

  • にんにく 一片
  • 鷹の爪 2つ
  • タコ(茹で) 200g
  • 白ネギ 1/2本
  • ブラウンマッシュルーム 2個
  • アンチョビ 2ヒレ
  • イタリアンパセリ
  • 白インゲン豆 大スプーン2杯分
  • 白ワイン 大さじ2杯
  • オリーブオイル

さあ、作っていきましょう!

作り方

まずは基本から。にんにくと鷹の爪をオリーブオイルで炒めます。

少し辛めで味付けしたいので2本投入。でも中の種は取り除くのがポイント(種が辛みを出すため)。

お次はタコの投入です!

ぼくは少し大きめに切りました。炒めると縮むので、タコの食感を味わいたいなら大きめが良いでしょう。

タコを入れてしばらく炒めると、こんな感じでエキスが出てきます。

これが美味いソースになるんです!これだけでも味が出来上がるくらい。

白インゲン豆で、パスタソースがトロミがついて美味くなる!

ここで、スプーン2杯分の白インゲン豆を入れます。これは缶詰ですが、汁がトロトロっとしてました。

豆を入れて炒めていると、タコのエキスと混ざり合ってトロミがついてきます。

ここからは具材をどんどん入れていきます。

まずは白ネギを薄く刻んで入れます。白ネギの甘味がタコによく合うんですよ。

ブラウンマッシュルーム。ソースの旨味を重ね合わせるには、キノコ系は最高です。

次にアンチョビを刻んで投入。タコから塩分が出ているので、入れ過ぎないようにしましょう。

刻んだイタリアンパセリの半分を入れます。もう半分は仕上げで入れるために取っておきましょう。

最後に大さじ3杯の白ワインを入れて煮立てます。海産物の臭みをなくして、旨味が引き立ちます。

火加減は強めで、ワインの水分をなくしていきます。

最後の仕上げです!

パスタの茹で汁をおたま1杯入れて、全体を絡めます。

バラバラだった味をブレンドする感覚です。

パスタソースの最終系はこんな感じです。

味見をして、物足りなければ塩を振って味を調えます。

茹で上がったパスタを投入!

鍋をゆすって、ソースと絡めていきましょう。

余っていたイタリアンパセリを混ぜて、完成です!

粉チーズはなくても十分美味しいです。

ぼくはチーズが好きなので、海鮮の風味を邪魔しない程度に振りかけました。

いただきます! – パスタに絡んだトロみが美味い!

食べてみると、まずタコの旨味が出ていて美味しい!

そして、パスタとソースがいつも以上に絡まってるんです。白インゲン豆のトロみが、うまく絡めてくれてるんですね。

白インゲン豆を入れてトロみをつけることで、一人前でもしっかりお腹いっぱいになりますよ。

白インゲン豆は、トマトソースでも間違いなく合いますから、トマトパスタに入れても良いでしょう。

栄養もあるし、ぜひ試してみてください!

広告