ゴルゴンゾーラドルチェのクリームパスタ – 青カビの風味が大人の味を醸し出す!

ぼくの父親がチーズ会社で勤めてたので、小さい頃から色んなチーズを食べてきました。今でもチーズは大好きだし、臭いチーズの方が好物だったりします。

パスタにもチーズは必需品ですが、今回は臭いチーズを使ったパスタの紹介です!

ゴルゴンゾーラドルチェのクリームパスタ – 青カビの風味が大人の味!

広告

ゴルゴンゾーラにも種類がある

ゴルゴンゾーラにはいくつか種類があります。今回はゴルゴンゾーラドルチェという青カビが控えめなものをチョイスしました。塩味も穏やかなので、パスタに入れるには向いていると思います。

材料(2人分)

  • パンチェッタ(50g)
  • 白ネギ(1本)
  • 生クリーム(100ml)
  • ゴルゴンゾーラドルチェ
  • にんにく(1かけ)
  • 黒胡椒

ポイント1 – ゴルゴンゾーラを入れる前に、がっつり味を決めておこう

ゴルゴンゾーラの味は独特なので、それを目立たせたくなります。でも、主役にしてしまうと意外と目立たなくなるんです。それよりも、完成されたパスタにゴルゴンゾーラを加えてあげるのが美味しくなるポイントです。

にんにくをオリーブオイルで炒めていきます。にんにくのオイルを出しましょう。いつもながら、にんにくの香りが食欲をそそるなあ!

次に、パンチェッタを入れます。パンチェッタは塩味が強いので、具材でしっかりと味付けしたい時には最高です。

パンチェッタの色が変わってきたら、白ネギの茎の部分を入れます。白ネギは意外にパスタと合うんですよ。ネギの甘味が出て美味いんです。

続いて白ネギの緑色のところも入れましょう。彩りが良くなりますね。

ネギにオイルが混ざってくるまでしっかり炒めます。ここまで、特に味付けはありません。パンチェッタの塩分が出ているので、それだけで充分です。

次に、生クリームを入れましょう。100mlくらいで具材が浸るようにて、オイルと一体化させます。

こんな感じで、美味しそうに混ざってきましたよ!ここまできたら、ゴルゴンゾーラの出番です。

ポイント2 – ゴルゴンゾーラは最後に投入!

こちらがゴルゴンゾーラドルチェ。ふんわりと青カビの香りが漂ってきます。

最後の最後に、ゴルゴンゾーラを入れて溶かしていきます。スプーン1杯分くらいから始めて、味見しながら増やしていきましょう。

他の具材でしっかりと味を出しているので、口に入れた後にほんのりゴルゴンゾーラの風味が感じられるくらいが良いですよ。

味が決まったら、パスタを投入してソースに絡めましょう。

お皿に盛ったあとに、黒胡椒を少しふりかけて完成です!

いただきます!

ゴルゴンゾーラを溶かしているので、ソースがクリーミーですねぇ。

ゴルゴンゾーラは入れ過ぎず、他の具材の味とバランスを取ってあげてくださいね。

あ、大人の味なので、子どもには好き嫌いが出るかもしれないので、ご注意くださいね〜!

広告