中華そば いのたに 本店(徳島市) – 醤油とんこつ + 生玉子!これが徳島ラーメンの王道だ!

今日は徳島市へ日帰り出張でした。高速バスで往復するので、なかなか時間が取れないなか、徳島ラーメンを食べに行ってきました!

中華そば いのたに 本店(徳島市) – 醤油とんこつ + 生玉子!これが徳島ラーメンの王道だ!

11時30分過ぎに徳島駅に到着。そこから約10分ほど歩くといのたにに到着します。 暖かかったので、歩くのが気持ち良かった。

広告

交差点の対面から見たところ。2つのビルが並んでます。どっちも同じ店舗なのかな…?

駐車場は店舗の側の敷地にありました。地元の人は車で来るんでしょうね。

お店の前です。レトロな雰囲気のビルですね。風情があって期待できます!

入り口の扉。なんの飾り気もないですね…。中はどうなってるんだろう?

店内、広いです!2つのビルのワンフロアをぶち抜いています。

座席は全てカウンター席。ロの字型のカウンターが2箇所に別れています。ぼくが入店してから間もなく満席になりました。やっぱり人気店なんだなあ。

まずは食券を買うぞ…。あれれ、メニューがとってもシンプル!

中華そばだけを提供しているのが、いい感じじゃないですか?昔ながらのお店って感じがします。

そばの大盛り、肉の大盛りはそれぞれ50円アップ。中華そばの肉大盛りと、ライスを注文。トッピングの生玉子も頼みました。

徳島ラーメンは玉子入りが標準だと思っていたら、こちらのお店はトッピングとして選べるようになっています。

壁には有名人のサインが数え切れないほど貼ってあります。有名店なんですねぇ。

やってきました!中華そば 肉大盛りです。生玉子が乗ってるのがポイントです。

ラーメン鉢は少し小さめで、浅いです。

Wikipediaで調べるとラーメン鉢が小さいのにはちゃんとした理由があるようです。

徳島ラーメンは基本的に「ご飯のおかず」として食べるものなので、通常のラーメンに比べて量がやや少なめである。このため、ほとんどの店でライスがメニューにあり、ラーメンを注文した客にライスを無料で提供する店もある。 (Wikipedia – 徳島ラーメンより)

その土地ならではの風習があるんですね。こういうのが地方に行くときの醍醐味です!

いただきます!麺は細めのストレート。スープは豚骨醤油がベースなんですが、塩っぱくはありません。すこし甘みがあるというか、まろやかで優しい感じです。

徳島ラーメンの特徴の1つ、チャーシューは豚バラ肉です。かなり味が染みていて、歯ごたえ十分。これをおかずにご飯食べてました。

悩ましいのは、玉子をいつ割るのか。ぼくはなんとなく最後までとっておきましたが、よりまろやかな味わいを楽しむなら、最初に割って麺に絡めてもいいですね。いやあ、美味かった!

まとめ – ご飯とセットでオーダーしよう!

ラーメンとご飯を完食してちょうど良いボリュームでした。シンプルなメニュー、シンプルな具材。徳島ラーメンの歴史を感じられた時間でした。

また別のお店も試してみたいです!

関連ランキング:ラーメン | 徳島駅佐古駅

広告