パンチェッタ – パスタに魔法をかける食材を紹介します!

パスタを作るとき、肉系の具材として何を入れますか? 一番多い答えは、「ベーコン」でしょう。

適当に切って、炒めて、ソースに絡めればそこそこ美味しいパスタが出来上がります。とっても安定した食材ですね。

でも、パーティや誰かのお祝いなど、奮発してもっと美味しい食材を使ってみませんか?

今回は、「パンチェッタ」を紹介しましょう!

パンチェッタ – カルボナーラがお店の味になる魔法の食材

広告

パンチェッタって、なに?

豚の生ベーコンのことです。

普通のベーコンは燻製していますが、こちらは生のまま熟成させるタイプです。

普通のスーパーではなかなか見つからず、ぼくはグランマルシェという食材屋さんで購入しています。

グランマルシェ – 店舗

これがパンチェッタです。100gあたり550円は正直高いです。でも高いだけの美味さは保証できますよ。パーティなんかの特別な時に使えば良いですね。

パスタに使うのであれば、角切りにして食感を出すために、分厚く切ってもらいましょう。2人前で、100gくらいが目安。

ロール型になっています。しっとりした肌触りで、触ると脂がペトッとつきます。脂身の面積が広いですね。

決して脂ぎっているわけではないです。中に閉じこもっている感じ。

角切りにするとこんな感じ。ねとねと、っとくっつきあいます。

パンチェッタの調理 火にかけると脂がたくさん!! = 濃厚な旨味に

では炒めてみるとどうなるのでしょうか?

中火で炒めていきますね。オリーブオイルなどは使う必要ありません。5分くらい炒めると、どんどん透明な脂が出てきます。

赤みはピンク色に、脂身は透明に色が変わってきますよ。

脂身の部分が透明になってきたら、炒まってきた証拠ですね。

フライパンの中央を見てください!パンチェッタから、どんどん脂が染み出してきます。これをパスタソースに利用すれば極ウマソースになります。

塩味が効いた豚肉の旨味が最高!

ひとつつまんで食べてみましょう。

豚肉の脂の旨味と、塩味が混ざって美味い!かと言って、クド過ぎないのが良いところです。

ぼくの好みですが、サイコロ状に切って歯ごたえを楽しむのが大好きです。肉汁がジュワッと出る瞬間が至福の時です。

パンチェッタで作ったパスタ

やはりカルボナーラが定番です!

初めはブロックベーコンを使ってましたが、パンチェッタで作ると格段に美味くなります。でも、高いので毎回は使えないですが…。

【関連記事】

生クリームなしで抜群に美味い!本場イタリアのカルボナーラの作り方 | NO BIG DEAL

トマトパスタも美味かったです!トマトパスタって、良くも悪くもトマトが主役になりますが、パンチェッタならしっかり主張してくれます。

次回はオイル系パスタを試してみようっと。

まとめ

週末パスタを始めてから1年が経ちました。調理のルーティンも決まってきて、流れるようにスーッとパスタを作れるようになりました。

味に関しても、安定して美味しく作れるようになり、ご近所さんとのパーティなんかで披露する機会が増えています。

そんなときは、ちょっとだけ奮発して良い食材を使うようになりました。

パンチェッタ、おすすめです!

広告