博多一幸舎 中洲店 – 衝撃の黒ラーメン!焦がし油が香ばしくて美味かった!

博多のラーメン店巡りが楽しいです。とんこつラーメンという、ひとつの文化が確立している地域では、王道のラーメンや新ジャンルのラーメンなど、色々な味が楽しめますね。

博多出張を利用して、新しいジャンルのラーメンを食べてみました!

博多一幸舎 中洲店 – 衝撃の黒ラーメン!焦がし油が香ばしくて美味かった!

宿泊先が中洲だったので、少し歩いて見つけたのが博多一幸舎。

博多一幸舎(いっこうしゃ)

博多一幸舎は、博多のラーメン店の中では新興勢力です。2004年に開業なので、まだ10数年しか経っていません。

その期間で店舗数を少しずつ伸ばして、なんと海外展開もしています!国内9店舗、海外16店舗。立派なグローバル企業ですね。

博多駅の中にある、博多めん街道にもお店がありますが、いつも混んでいるので敬遠してたんです。

タバコの自動販売機と、景観がマッチしてますね。看板の存在感が控えめです。

訪れたのが15時だったので、すんなり入れました。

食券を買います。そういえば、どこのお店でも食券買ってたような気がします。博多は食券制なのかな?

オススメは「黒ラーメン」…。黒ラーメン?イメージがつかないけど、せっかくなのでそれに従おう!

玉子好きなので、「味玉黒ラーメン」をチョイス。

店内はカウンターのみでした。ぼく以外に団体さんが来てましたが、さすがに15時頃だとお客さん少なめ。

店員さんがラーメンを作ってくれるのが、目の前で見えます。これを見るのも楽しみの1つ。

さあ、出てきました!

見事に真っ黒ですね。イカスミでも使っているのか、と思うくらい。どんな味がするんだろう?

黒ラーメンのスープには、「マー油」が使われているのです。ごま油とにんにくの焦がし油を合わせたもの。熊本ではよく使われるそうです。

飲んでみると、とんこつスープなんだけど香ばしい風味が混じっています。コクも出てて美味い!

麺はバリカタで頼みました。定番の細麺ですね。黒スープが絡んでいるのがひと目でわかります!

黒スープは、味玉の色まで変えてしまうのです!香ばしい風味と、味玉のまろやかな味が調和してます。

トッピングです。これ、一見するとなんだか分からないですが、ショウガです。

他のお店では、紅ショウガを使うのが一般的ですが、こちらの店主のこだわりで、「スープに紅ショウガの色が移ると、美しくなくなってしまう」から着色していないものを使用しているのです。

ぼくは紅ショウガが大好きなので、スープがピンクに染まるくらいが気持ちいいんですが、このこだわりには納得です。

ショウガをトッピングしてみました。ふーむ、麺と同じ色なので見た目のインパクトはないなぁ。

でも、味には変わりなく美味かった!

博多なら、替玉は当たり前。替玉もバリカタにしてもらいました。お腹いっぱい!

まとめ – 関西にも出店してるぞ!また行こう!

黒ラーメンは、一部の店舗限定のメニューだそうです。ここで食べといて良かった!

定番のとんこつラーメンも食べてみたいですね。新興勢力の味はどんなものなのか気になります。

関西にも出店していて、JR大阪駅のエキマルシェにあるそうなので、こちらに行ってみようと思います!

関連ランキング:ラーメン | 中洲川端駅祇園駅天神南駅

広告