ランニングタイツは必ず履こう! 履かずにフルマラソン走って後悔したこと

先日の福知山マラソンでの失敗を語っておきましょう。ランニングタイツを履かずにフルマラソンを走るとどうなるのか。いい教訓になりました。

広告

ランニングタイツは必ず履こう! 履かずにフルマラソン走って後悔したこと

福知山マラソン当日、気温が予想以上に高かったんです。走ってたら暑くなるだろうなと思い、軽装で走ることに決めました。

これまで大会では必ず履いてきたランニングタイツを止めて、ふくらはぎ部分だけ覆うサポーターを使うことに。あとは短パンを履いて、太腿のサポートには何も使いませんでした。

毎日ランニングしてるんだし、太腿を触っても筋肉がついているので、恐らく問題ないだろうと判断して出走したんですが…。

間違いだったと思い知りました…。

筋肉疲労がいつもの倍以上に感じた

30kmを過ぎたあたりから、足の疲労が蓄積されてくるのがわかりました。これはいつも通りの感覚なんですが、太腿の前の部分が異様に張ってきて、筋肉が痙攣する一歩手前までいきました。

それでも何とか走り終えましたが、大変だったのはレース後です。

レースの次の日から、いつも以上に筋肉痛がひどく、完治するまでに1週間かかりました。

今までなら3日もあれば治っていたんですが、それだけ足に負担がかかっていたんですね。

股擦れで苦しめられた

レース後に、温泉に入りに行きました。身体を洗って湯船に浸かった瞬間、股に激痛が!

よく見ると、両内腿の付け根に股擦れができてました。めっちゃ沁みます!

ランニングタイツを履いていれば、ピタッと肌に密着しているので擦れることはないんですよね。

これも良い経験でした。

ランニングタイツの効果

不必要な筋肉の揺れを防ぎ、疲労軽減

走っていると、着地の衝撃で肉が揺れます。ブルンブルンとシェイクされている感じ。これを長時間続けると筋肉が疲労してくるんです。

これはフルマラソンくらいの長距離を走らないと、体感できないかもしれません。

ランニングタイツは、ピチッと足を締め付けてくれるので、衝撃が少なくてすむんです。

関節もしっかりサポート

長時間走ると、膝の関節もダメージを受けます。これも、すこしづつ蓄積されていきます。

今のランニングタイツは、膝をサポートするための特殊な縫製がされていたり、より締め付けをキツくしたりしています。

初心者が悩みがちな膝痛にも効果がありますよ。

ちなみに、ぼくが普段履いているのはこれ。裾の部分にジッパーが付いていて、脱ぎ履きしやすいです。

まとめ

ランニングタイツは暑いのでは?と思いがちですが、今はオールシーズン履けるものが主流です。

自分の身体を過信せず、頼れるところは頼っていこう!

広告