人生で初めてピーチ航空に乗ってみた!へぇ〜と思った7つのこと – 台湾旅行記 その1

約10年振りとなった台湾旅行。その間に旅行の仕方も随分変わりました。iPhoneなんてなかったし、WiFiなんて概念も存在しませんでした。

そんな浦島太郎状態で利用したピーチ航空。初めてLCCに乗ってみたのでレポートします!

人生で初めてピーチ航空に乗ってみた!へぇ〜と思った7つのこと

広告

関西国際空港には、LCC専用ターミナルが!

今回利用したのは、ピーチ航空です。

【公式】Peach|日本初の本格的LCC

ピーチ航空は、関西国際空港第2ターミナルから出発します。JR関西空港駅を降りると、メインの第1ターミナルとは逆方向に進みます。
第2ターミナルはLCC専用のターミナルなんですね。
第2ターミナル行きのバスに乗って移動します。

関空第2ターミナルアクセス | Peach Aviation


第2ターミナル到着!
比較的新しい建物。無機質な感じで、バカでかい倉庫のようなイメージ。

日本出国のチェックインはセルフサービス


到着したのがフライトの2時間15分前で、まだチェックインカウンターは閉じられています。
平日の昼間だったので、人があまりいません。


日本でのチェックインは、国内便のようにセルフサービスでできます!
これが最初のビックリ。


こちらがチェックインカウンター。画面右下がスキャンになっていて、パスポートをここにかざして登録します。
つぎに、予約時に付与されたバーコードか予約番号を入力すれば手続き完了!
簡単すぎて、拍子抜けしましたね。海外旅行に出発するドキドキ感はまるでありません(苦笑)。


で、出てきた搭乗券にもびっくり!
コンビニのレシートだ…。 ペラペラです。折りたたんで財布に入れちゃいました。
こういう部分でコストカットしてるんですね。
効率的で良いと思います。


荷物預けのカウンターもオープンしました。少しずつ人が増えてますが、ピーク時に比べると少ないんだろうなぁ。

モバイルWiFiも借りられる


チェックインカウンターの隣に、観光情報プラザのブースがあります。
この旅行のために、モバイルWiFiをレンタルすることにしており、受け取り場所がここ!。
ちなみに、帰国便の到着ゲートの真横なので、返却するときも便利です。


借りたのはこちら。グローバルWiFiという会社のもの。3G回線ですが現地での速度は十分。
価格.com経由でウェブ申込をしたので、1日あたり約500円でレンタルできました!

海外WiFi レンタル|海外でWiFiを使うならグローバルWiFi

出国カウンターが地味…!


さあ、出国手続きです!

出国カウンターも、とてもシンプル。ものの30秒くらいで通過できちゃいました。
お掃除してる方なんかもいて、なんだかのどかな雰囲気を醸し出してました。


待合ロビーはそこそこ広く、免税店も両サイドにあります。乗客数が少ないためか、ガラガラでした。

飛行機までは歩きましょう!


さあ、搭乗です…!
って、あれ?飛行機まで歩いて行くんだ…!
搭乗ゲートと飛行機が接続するのではないようです。
いちいち目新しいなぁ。

座席は狭いので、通路側がオススメ!


座席に座ってみると…。
おお、狭いぞー!

ぼくは身長180cmですが、膝が前の座席にくっついちゃいました。
また、座席が薄いためか、後ろの座席の人がテーブルを出そうとしてるのが背中で感じられるということも。

とっても窮屈なので、体が大きな人は通路側の座席を座席指定しましょう。
通路にちょっと足を広げるだけで、かなり楽になります。

機内食、ドリンクは有料サービス


もちろん、ドリンクや機内食は有料でしたね。注文してないので写真はないですが、エビアンの350mlで200円でした。

台湾なら約2時間半だし、何も飲まなくても良いかもしれないですね。

機内食メニュー | Peach Aviation

まとめ

今回利用したピーチ航空。関西国際空港〜桃園国際空港(台湾)まで、往復約30,000円でした。

新大阪〜東京間の新幹線代とあまり変わらないとは、海外が行きやすくなってるなあ。

ぼくは、飛行機は単なる移動手段だと思っているので狭くても我慢できるし、こっちの方が効率的で好きですね。

次回は違うLCCの飛行機を試してみたい!

【関連記事】
台湾まで旅してきたよ!10年ぶりの海外は泣きそうに素晴らしかった!! | NO BIG DEAL

旅ラン in 台湾 – ついに海外でも走ったよ!ランニングは最高だと改めて実感!! | NO BIG DEAL

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です