【読書】ゼロ秒思考 – 1分間メモを始めました!思考を深め、スピードアップさせるには

ブログを書くようになっての悩み。それは、『頭の中でイメージしたストーリーがうまく表現できないこと』と、『思考をまとめるスピードが圧倒的に足りないこと』です。

Aを伝えたい!と思って書き進めても、全然伝わらない文章になることが多々あります。
また、上手くまとめられた時でも、膨大な時間を要してしまう。

これを解決したいと感じていた時に、出会った本が、『ゼロ秒思考』です。

「ゼロ秒思考」とは

ゼロ秒思考とは、マッキンゼー社で14年間活躍した著者、赤羽雄二さんが提唱しているものです。

一言で言えば、『思考と感情の言語化トレーニング』です。

やり方は、とっても簡単です。

A4用紙を横書きにし、1件1ページで、1ページに4〜6行、各行20〜30字、1ページを1分以内、毎日10書く。

メモには具体的に何を書くのか。思いついたこと、気になること、疑問点、次にやるべきこと、自分の成長課題、腹が立って許せないことなど、頭に浮かんだことは何でも書く。頭に浮かんだそのまま、フレーズを書き留める。

これを毎日継続するわけです。

ずっと継続していくと、イメージや感覚を言葉にすることに慣れてくると、だんだん自分の気持ちや思っていることをあまり苦労せずに表現できるようになるのです。

もやもやした気持ちをその場で言葉にし、考えを深められるようになると、考えが進むだけではなく、どんどんスピードアップしていく。3、4日かかって考えていたことが数時間でできるようになる。1ヶ月かかっていたプロジェクトをものによっては1週間で終わらせることもできるようになる。生産性は数倍〜数十倍上がる。

こんな簡単なやり方で、思考の質とスピードが上がるのなら、と今日からやって見ました。
本で紹介されている通り、1件1枚、計10枚書きました。

1分でなんか書けない…!

これがまあ、見事に時間が足りないんです。
20〜30文字を、4〜6行書く。しかも1分以内に、です。

やってみると、時間的に2〜3行くらいしか書けません…!

言語化スピードがまったく足りないことに愕然としました。

考えながら書いていると、絶対に書けないんです。

思考と書くことが、同時進行するくらいに頭を使わないといけないってことですね。

正直、かなりショックでしたが、継続するすれば劇的にスピードが上がるようなので、めげずに続けていきます。

即効性のある効果とは

まだ初日で偉そうなことは言えないですが、書いてしまうと頭がスッキリするのが明らかに分かります。

思考を外に吐き出すことで、脳のメモリをリセットすることができるんですね。

数年前、仕事のストレスでどうにもならなくなった時に教えてもらったワークがあります。
1分メモと似ていますが、その時はノートにとにかく書いて書いて書きまくることをやりました。
A4用紙が3ページほど、真っ黒になったのを覚えています。

それくらい、脳には普段意識していないもやもやがあります。

それを外に吐き出すだけで、脳と心はスッキリするんです。

1分メモにも、同様の効果がありますね。

まとめ

1日10枚、ということは1日10分です。これなら継続させられそうなので、とりあえず1ヶ月を目指して取り組んでみます!

うん、今日のブログは筆が進んだぞ〜!!

広告