祝!結婚10周年!!結婚記念日に感じたありがとう

2005年4月30日、僕とワイフは結婚式を挙げました。

それから、ちょうど10年が経ったのです。

今から思えば、あっという間に駆け抜けてきたんだけど、色んな感謝の気持ちがあります。

周りの人たちに支えられてきた10年


京都は北白川にある教会。
ここで僕たちの結婚生活が始まった。

僕らの結婚披露パーティー(当時は1.5次会と呼んだ)で、自分がスピーチしたことをうっすら憶えている。

「今日から僕たちの人生という道は、二本から一本に繋がって進んでいきます。その道の両側で綺麗に咲いてくれている花、それが皆さんだと思います。今日来てくださった皆さんや家族に見守られて、素晴らしい人生を歩んでいけると思います。」

本当にその通りになりました!

これまでにご縁のあった皆さんがいるからこそ、僕たちの楽しい10年があったんだと思います。

偶然ながら、イチロー選手が今日のインタビューで僕の感じたことを言い現わしてくれていました。

『特別な時間は自分で作るのではなく、周りが作ってくれるもの』 – イチロー

皆さんに感謝です!

結婚生活が10年続いた理由

ずばり、お互いに対して素直だったと思います。

同い年ということもあり、フルスロットルで喧嘩することもありますが、それだけ素直になれる存在なんですね。

結婚式を挙げたカトリック教会の神父様から、婚前講座(教会で結婚式を挙げるには、受講が必須でした)でこんな問いを投げかけられました。

『愛とは、なんだかわかりますか?』

『愛とは、自分の心の中に相手を住まわせることです。自分の一部分として相手を扱うことが愛なのですよ』

この言葉を心に留めて、喧嘩しても仲直り、喧嘩しても仲直り(笑)。

あまり周りに対して感情を出さない僕ですが、ワイフには喜怒哀楽を素直に出せる。
甘えかもしれないけど、これがあるから自分の人生は彩りがあって楽しい!

ワイフにも感謝ですね。

まとめ

結婚式の後に知り合った方々もたくさんいて、10年前にはまったく想像していなかった人生を歩んでいます。

両親と一緒に暮らすこと、子どもが2人生まれて元気に育ってること、コミュニティーで仲良くなった人たち…。

次の10年、娘は高校生になってる…!

想像できないけど、そこに行きつくプロセスを楽しんで進んでいきたいと思います!

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です